一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)石油およびガス産業の発展中における業務上の死亡 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2015/05/29Vol. 64 / No. 20

MMWR64(20):551-554
Occupational Fatalities During the Oil and Gas Boom — United States, 2003–2013

石油およびガス産業の発展中における業務上の死亡 ― アメリカ、2003~2013年

2003~2013年に、石油およびガス抽出産業は前例のない発展を経験し、労働人口の規模は2倍となった。この期間の石油およびガス産業の労働者間の致死的イベントを明らかにするために、CDCは、致死的労働災害の包括的データベースである労働統計局(BLS)Census of Fatal Occupational Injuriesのデータを分析した。2003~2013年の間に、業務中に1,189人の石油およびガス抽出産業の労働者が死亡し、1年あたりの平均死亡数は108人、年平均業務上死亡率は労働者10万にあたり25.0で、最も高い死亡率は2006年(労働者10万にあたり32.4)に記録した。この期間の死亡者の大半は男性で、25~34歳(331人、27.8%)および非ヒスパニック系白人(844人、71.0%)の占める割合が多かった。死亡者の2/3は輸送事故(479人、40.3%)および物体/機材との接触(308人、25.9%)が原因で、陸上の事故の86.2%は、輸送イベントであった。その他の死亡原因は、火災または爆発(170人、14.3%)、有害物質または環境への曝露(105人、8.8%)、転落/転倒(97人、8.2%)であった。会社別の死亡数は、坑井管理会社で最も多く(615人)、次いで、掘削請負業者(378例)、オペレーター(196人)であったが、死亡率は掘削請負業者で最も上昇した(10万にあたり44.6)。11年間の間に、石油およびガス抽出産業の業務上の死亡者数は27.6%増加したが、一方、死亡率は36.3%減少し、平均年減少率は4%であった。致命傷の受傷率は、オペレーターでもっとも減少し(1年あたり8%)、イベントタイプでは、物体/機材との接触(1年あたり9%)および輸送(1年あたり3%)で有意に減少した。石油およびガス抽出産業の雇用者が、陸上輸送の安全方針をはじめとする主な死亡原因をターゲットとした安全対策の実行を継続することは重要である。職業的な安全衛生の研究者は、石油およびガス抽出産業の異なる部門間でのさまざまな致命傷のリスク因子の同定および報告のための取り組みを、継続および増強させるべきである。

References

  • Bureau of Labor Statistics. Quarterly census of employment and wages. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2014. Available at <http://data.bls.gov/cgi-bin/dsrv?en>.
  • Baker Hughes, Inc. North American rig counts. Houston, TX: Baker Hughes; 2104. Available at <http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=79687&p=irol-reportsother>.
  • Bureau of Labor Statistics. Injuries, illnesses, and fatalities: census of fatal occupational injuries (CFOI)—current and revised data. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2013. Available at <http://www.bls.gov/iif/oshcfoi1.htm>.
  • International Association of Oil & Gas Producers. Land transportation recommended practice. London: International Association of Oil & Gas Producers; 2014. Report no. 365 (Issue 2). Available at <http://www.ogp.org.uk/pubs/365.pdf>.
  • National Institute for Occupational Safety and Health. Preventing work-related motor vehicle crashes. Atlanta, GA: CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2015. Pub. no. 2015–111. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/docs/2015-111/pdfs/2015-111.pdf>.
  • American Petroleum Institute. Recommended practice for occupational safety for oil and gas well drilling and servicing operations. Washington, DC: American Petroleum Institute; 2015. Recommended practice No. 54.
  • CDC. Fatalities among oil and gas extraction workers—United States, 2003–2006. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2008;57:429–31.
  • Retzer KD, Hill RD, Pratt SG. Motor vehicle fatalities among oil and gas extraction workers. Accid Anal Prev 2013;51:168–74.
  • Blackley DJ, Retzer KD, Hubler WG, Hill RD, Laney AS. Injury rates on new and old technology oil and gas rigs operated by the largest United States onshore drilling contractor. Am J Ind Med 2014;57:1188–92.
  • National Institute for Occupational Safety and Health. Oil and gas extraction inputs: national occupational research agenda. Atlanta, GA: CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/programs/oilgas/nora.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ