一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)たばこの不正取引防止のためのアプローチ ― 9カ国・・・

MMWR抄訳

rss

2015/05/29Vol. 64 / No. 20

MMWR64(20):547-550
Approaches for Controlling Illicit Tobacco Trade — Nine Countries and the European Union

たばこの不正取引防止のためのアプローチ ― 9カ国および欧州連合

全世界のたばこ取引の11.6%が不正取引であり、毎年4,050万ドルの歳入が失われていると推計されている。不正取引はたばこ製品の輸送、販売、購入に関する脱税、偽造、産地偽装、密輸等の行為を含む。WHOたばこ規制枠組条約(FCTC)の「たばこ製品の不正取引廃絶のためのプロトコール」には54カ国が署名しているが、2015年5月現在、批准国は8カ国に留まり、32カ国は国際法の制定を要している。不正取引防止に取り組むための各国のアプローチについて、FCTC参加9カ国(ブラジル、カナダ、ハンガリー、イタリヤ、マレーシア、ルーマニア、スペイン、トルコ、英国)およびEUの2015年1月の状況について評価した。評価項目は、1) 製造、販売等の許認可制度、2) 偽造防止のための製品へのマーキング、3) 国内記録管理、4) 監視および追跡システム、5) 不正取引に関する法整備、6) 輸出税、7) 税率の平準化、8) 製造業者の協力、9) 啓蒙活動、10) 各部局の協調性、である。不正取引防止の方策として9カ国およびEUの全評価対象国が「許認可制度」および「法整備」を挙げた。9カ国は納税印紙等の「製品マーキング」を実施していた。EUでは「製品マーキング」はEUたばこ製品指令に定められていないものの、加盟国各国の基準に従い実施していた。「国内記録管理」および「各部局の協調性」はマレーシア以外の国で、「監視および追跡システム」はブラジルおよびトルコで実施しており、カナダおよびハンガリーでは限定的な形で、EUおよび加盟国は個別に製品の移動を監視していた。「税率の平準化」はEU域内で実施、「製造業者の協力」はブラジルおよびマレーシア以外の国で行われていた。「啓蒙活動」は実施されておらず、「輸出税」の実施はブラジルおよびカナダのみであった。不正取引防止の取り組みは各国の法規制に従って実施されており、アプローチに差異が認められた。各国がWHOのプロトコールに従うことにより、世界的なたばこ製品の不正取引の低減が可能となるであろう。

References

  • Joossens L, Merriman D, Ross H, Raw M. The impact of eliminating the global illicit cigarette trade on health and revenue. Addiction; 2010. Available at <http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1360-0443.2010.03018.x/epdf>.
  • World Health Organization. Protocol to eliminate illicit trade in tobacco products. Geneva, Switzerland: FCTC — WHO Framework Convention on Tobacco Control; 2013. Available at <http://www.who.int/fctc/protocol/en/>.
  • United Nations. Protocol to eliminate illicit trade in tobacco products, Seoul, 12 November 2012. New York, NY: United Nations Treaty Collection; 2015. Available at <https://treaties.un.org/pages/ViewDetails.aspx?src=TREATY&mtdsg_no=IX-4-a&chapter=9&lang=en>.
  • World Health Organization. Combating the illicit trade in tobacco products from a European perspective. Geneva, Switzerland: FCTC – WHO Framework Convention on Tobacco Control; 2014. Regional Studies Series Paper R/3. Available at <http://www.who.int/fctc/publications/Regional_studies_paper_3_illicit_trade.pdf?ua=1>.
  • Joossens L, Gilmore AB. The transnational tobacco companies’ strategy to promote Codentify, their inadequate tracking and tracing standard. Tob Control; 2013. Available at <http://tobaccocontrol.bmj.com/content/early/2013/04/26/tobaccocontrol-2012-050796.full>.
  • Tayyan U. Tobacco Banderol System application in Turkey. In: Presentation Data from the 10th Asian Pacific Conference on Tobacco or Health, August 18–21, 2013; Chiba, Japan. Available at <http://www.apact.jp/presentation_data/pdf/PL3-4.pdf>.
  • Euromonitor International. Passport tobacco. London: Euromonitor International; 2015.
  • Ross H. Controlling illicit tobacco trade: international experience. Chicago, IL: University of Illinois at Chicago, Health Policy Center, Institute for Health Research and Policy. Tobacconomics. In press 2015.
  • International Agency for Research on Cancer. Effectiveness of tax and price policies in tobacco control Lyon, France: World Health Organization, International Agency for Research on Cancer; 2011. IARC handbooks of cancer prevention: tobacco control, Vol. 14. Available at <http://www.iarc.fr/en/publications/pdfs-online/prev/handbook14/handbook14.pdf>.
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the surgeon general. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/full-report.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ