一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)妊娠前、妊娠中および妊娠後における破傷風、ジフテリ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/05/22Vol. 64 / No. 19

MMWR64(19):522-526
Tetanus, Diphtheria, Pertussis Vaccination Coverage Before, During, and After Pregnancy — 16 States and New York City, 2011

妊娠前、妊娠中および妊娠後における破傷風、ジフテリア、百日咳ワクチンの接種率 ― 16州およびニューヨーク市、2011年

2011年6月、Advisory Committee on Immunizations Practices (ACIP)は破傷風、ジフテリア、百日咳混合(Tdap)ワクチンの接種を受けていない妊婦に対し、妊娠中に1回接種するよう勧告を出し、2012年には妊娠するたびにTdapワクチンを接種するよう勧告を拡大した。また、2011年以前は未接種女性へのTdapワクチンは妊娠前または分娩後の接種が推奨されていたが、ACIPは接種に適した時期を妊娠27~36週とした。今回、CDCはPregnancy Risk Assessment Monitoring Systemデータより、2011年9~12月、国内16州およびニューヨーク市(NYC)にて出産した女性6,852名を対象に、Tdapワクチンの接種率について調査を行った。接種状況が不明である1,353名(20.8%)を除いた5,499名のうち、53.4%がTdapワクチン接種を受け、接種時期は妊娠前:13.9%、妊娠中:9.9%、分娩後:30.5%であった。地域別の接種率は38.2%(NYC)~76.6%(ネブラスカ州)であり、中央値は55.7%であった。また、分娩後のワクチン接種率は非ラテン系白人女性、民間医療保険加入者、妊娠第1期から出産前検診を受けた女性にて高く、オレゴン州では主治医から分娩後に接種を受けた女性が2009年:30.3%から2011年:55.8%に増加していた。これらの結果から、妊婦における妊娠中のTdapワクチン接種率が低いことが示され、妊婦およびその主治医に対し、妊娠中のワクチン接種を促進する必要性が示唆された。

References

  • CDC. Updated recommendations for use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid and acellular pertussis vaccine (Tdap) in pregnant women and persons who have or anticipate having close contact with an infant aged <12 months—Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1424–6.
  • Kretsinger K, Broder KR, Cortese MM, et al. Preventing tetanus, diphtheria, and pertussis among adults: use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid and acellular pertussis vaccine recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) and recommendation of ACIP, supported by the Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee (HICPAC), for use of Tdap among health-care personnel. MMWR Recomm Rep 2006;55(No. RR-17):1–37.
  • CDC. Updated recommendations for use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid, and acellular pertussis vaccine (Tdap) in pregnant women—Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:131–5.
  • CDC. Tetanus and pertussis vaccination coverage among adults aged ≥18 years—United States, 1999 and 2008. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2010;59:1302–6.
  • Kharbanda EO, Vazquez-Benitez G, Lipkind H, et al. Receipt of pertussis vaccine during pregnancy across 7 Vaccine Safety Datalink sites. Prev Med 2014;67:316–9.
  • Housey M, Zhang F, Miller C, et al. Vaccination with tetanus, diphtheria, and acellular pertussis vaccine of pregnant women enrolled in Medicaid—Michigan, 2011–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:839–42.
  • Bödeker B, Walter D, Reiter S, Wichmann O. Cross-sectional study on factors associated with influenza vaccine uptake and pertussis vaccination status among pregnant women in Germany. Vaccine 2014;32:4131–9.
  • Wiley KE, Massey PD, Cooper SC, Wood N, Quinn HE, Leask J. Pregnant women’s intention to take up a post-partum pertussis vaccine, and their willingness to take up the vaccine while pregnant: a cross sectional survey. Vaccine 2013;31:3972–8.
  • Steelfisher GK, Blendon RJ, Bekheit MM, et al. Novel pandemic A (H1N1) influenza vaccination among pregnant women: motivators and barriers. Am J Obstet Gynecol 2011;204(Suppl 1):S116–23.
  • Ding H, Black CL, Ball S, et al. Influenza vaccination coverage among pregnant women—United States, 2013–14 influenza season. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:816–21.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ