一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)危険な水中息こらえ行為による致死的および非致死的な・・・

MMWR抄訳

rss

2015/05/22Vol. 64 / No. 19

MMWR64(19):518-521
Fatal and Nonfatal Drowning Outcomes Related to Dangerous Underwater Breath-Holding Behaviors — New York State, 1988–2011

危険な水中息こらえ行為による致死的および非致死的な溺水の転帰 ― ニューヨーク州、1988~2011年

2011年、ニューヨーク市(NYC)の水泳施設にて2名の健康な若者が溺死した。この2名は潜水前に意識的にハイパーベンチレーションを行い、水中で意識を失った。このように健常人が水中で意識を失う現象は低酸素性のブラックアウト(失神)と呼ばれており、この事故を受けてNYCのDepartment of Health and Mental HygieneはNew York State Department of Healthとともに1988~2011年にニューヨーク州にて発生した致死的、非致死的な溺水事故のレビューを行った。この期間、ニューヨーク州では「危険な水中息こらえ行為(DUBB)」による事故が15件(1件は2名)、16名(7~47歳、男性13名、女性3名)にて発生し、うち4名が死亡していた。死亡した4名(17~22歳)はいずれも水泳は上級者以上であり、ハイパーベンチレーションに取り組んでいた。DUBBは6件が静止無呼吸、4件が低酸素訓練、3件が意識的なハイパーベンチレーション(うち2名死亡)、2件が意識的なハイパーベンチレーションおよび低酸素訓練を行い、2件とも死亡した。発生場所は室内プール:7名、屋外プール:7名、波のプール:1名、規制外の川:1名であり、水泳のレベルは初心者:5名、中級者:1名、上級者:8名、不明:2名であった。以上、適切な数のライフガードの監視する水泳施設においても溺水事故は発生し、死に至る場合もあることから、危険行為による非意図的な溺水事故を回避するための対策が急がれる。

References

  • CDC. Web-based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars>.
  • Pollock NW. Loss of consciousness in breath-holding swimmers. Available at <http://ndpa.org/loss-of-consciousness-in-breath-holding-swimmers>.
  • Barlow HB, MacIntosh FC. Shallow water black-out. Royal Naval Physiological Laboratory Report R.N.P. 44/125 UPS 48(a).
  • Lanphier EH. Breath-hold and ascent blackout. Presented at: The Physiology of Breath-Hold Diving, Undersea and Hyperbaric Medical Society Workshop. Buffalo, NY; October 28–29, 1985.
  • Craig AB Jr. Summary of 58 cases of loss of consciousness during underwater swimming and diving. Med Sci Sports 1976;8:171–5.
  • Szpilman D, Bierens JJ, Handley AJ, Orlowski JP. Drowning. N Engl J Med 2012;366:2102–10.
  • YMCA. Aquatics safety and risk education: unsafe breath holding practices. Chicago, IL: YMCA; 2011. Available at <http://safe-wise.com/downloads/Unsafe_Breath_Holding_PracticesYUSA03-2011.pdf>.
  • Craig AB Jr. Causes of loss of consciousness during underwater swimming. J Appl Physiol 1961;16:583–6.
  • Browne ML, Lewis-Michl EL, Stark AD. Unintentional drownings among New York State residents, 1988–1994. Public Health Rep 2003;118:448–58.
  • Quan L, Bennett E, Branche CM. Interventions to prevent drowning. In: Doll LS, Bonzo SE, Sleet DA, et al., eds. Handbook of injury and violence prevention. New York, NY: Springer; 2007:81–96.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ