一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)重度の視力喪失の地理的格差 ― アメリカ、2009・・・

MMWR抄訳

rss

2015/05/22Vol. 64 / No. 19

MMWR64(19):513-517
Geographic Disparity of Severe Vision Loss — United States, 2009–2013

重度の視力喪失の地理的格差 ― アメリカ、2009~2013年

American Community Surveyの2009~2013年データより、重度の視力喪失(SVL:失明または眼鏡をかけてもものを見ることが困難な状態に至る)の罹患率が郡レベルにて分析された。国内全3,143郡をSVL罹患率により4段階(2.3%未満、2.3~3.1%、3.2~4.1%、4.2%以上)に分け、また、世帯収入が貧困水準以下の住民の割合により4段階(10.6%未満、10.6~13.9%、14.0~17.7%、17.8%以上)に分類した場合、18歳以上の成人におけるSVL罹患率は1%未満~18.4%(中央値:3.1%)であり、最上段階(4.2%以上)の郡は3/4以上(77.3%)が南部の郡であり、西部:11.7%、中西部:10.7%、北東部:0.3%と続いた。貧困水準以下の住民の割合は1.3%~48.8%(中央値:13.9%)であり、最上段階(17.8%以上)の郡の3/4近く(74.5%)が南部の郡であり、中西部:13.1%、西部:11.5%、北東部:0.9%と続いた。SVL罹患率の最上段階の郡のうち、55.5%は貧困水準以下の住民の割合が最上段階(17.8%以上)の郡であり、SVLと郡の貧困レベルに有意な相関が認められた。SVL罹患率、貧困水準以下の住民の割合がともに最上段階である437郡の分布は、南部:83.1%、西部:9.1%、中西部:7.8%であり、北東部には認めなかった。また、アラバマ州、アーカンソー州、ジョージア州、ケンタッキー州、ミシシッピ州、ノースカロライナ州、テネシー州およびテキサス州では少なくとも6%以上の郡がこれに該当した。SVL罹患率の高い州では、失明のリスクを回避するため、健康な食事、健康体重の維持、禁煙を促進し、家族の眼疾患の既往歴を把握するとともに目の安全に配慮し、定期的に検査を受けることが推奨される。

References

  • Zambelli-Weiner A, Crews JE, Friedman DS. Disparities in adult vision health in the United States. Am J Ophthalmol 2012;154(Suppl):S23–30.e1.
  • Vitale S, Cotch MF, Sperduto RD. Prevalence of visual impairment in the United States. JAMA 2006;295:2158–63.
  • CDC. Healthy Vision Month—May 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:328.
  • Zhang X, Beckles GL, Chou CF, et al. Socioeconomic disparity in use of eye care services among US adults with age-related eye diseases: National Health Interview Survey, 2002 and 2008. JAMA Ophthalmol 2013;131:1198–206.
  • Rein DB, Wittenborn JS, Zhang X, et al. The cost-effectiveness of Welcome to Medicare visual acuity screening and a possible alternative welcome to Medicare eye evaluation among persons without diagnosed diabetes mellitus. Arch Ophthalmol 2012;130:607–14.
  • Stobo JD, McGeary M, Barnes DK, ed. Improving the social security disability decision process, 2007. Washington, DC: National Academies Press; 2007:270. Available at <http://www.nap.edu/catalog/11859/improving-the-social-security-disability-decision-process>.
  • Zhang X, Cotch MF, Ryskulova A, et al. Vision health disparities in the United States by race/ethnicity, education, and economic status: findings from two nationally representative surveys. Am J Ophthalmol 2012;154(Suppl):S53–62.e1.
  • Lee DJ, Lam BL, Arora S, et al. Reported eye care utilization and health insurance status among US adults. Arch Ophthalmol 2009;127:303–10.
  • Jaggernath J, Øverland L, Ramson P, Kovai V, Chan VF, Naidoo KS. Poverty and eye health. Health 2014;6:1849–60.
  • Zheng Y, Lamoureux E, Finkelstein E, et al. Independent impact of area-level socioeconomic measures on visual impairment. Invest Ophthalmol Vis Sci 2011;52:8799–805.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ