一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)一般的な食品媒介病原菌による感染症に関する予備的な・・・

MMWR抄訳

rss

2015/05/15Vol. 64 / No. 18

MMWR64(18):495-499
Preliminary Incidence and Trends of Infection with Pathogens Transmitted Commonly Through Food — Foodborne Diseases Active Surveillance Network, 10 U.S. Sites, 2006–2014

一般的な食品媒介病原菌による感染症に関する予備的な発症率とその傾向 ― Foodborne Diseases Active Surveillance Network、アメリカ10カ所、2006~2014年

Foodborne Diseases Active Surveillance Network(FoodNet)は、アメリカ国内の10カ所の区域において、食品を介して伝染する9つの病原菌に起因する感染症の発生率を監視している。今回のレポートでは、2014年の予備的データと2006~2008年および2011~2013年と比較した発生率の変化を報告する。2014年では、19,542例の感染が報告され、このうち、入院は4,445例、死亡は71例であった。菌種別の発生数および人口10万あたりの発生率は、Salmonella(7,452例、15.45)、Campylobacter(6,486例、13.45), Shigella(2,801例、 5.81)、Cryptosporidium(1,175例、2.44)、志賀毒素産生性大腸菌(STEC) non-O157(690例、1.43)、STEC O157(445例、0.92)、Vibrio(216例、0.45)、Yersinia(133例、0.28)、Listeria(118例、0.24)、Cyclospora(26例、0.05)であった。アウトブレイクに関連した感染のパーセンテージは、STEC O157(16%)、Listeria(11%)、STEC non-O157(7%)、Shigella(7%)、Salmonella(6%)、Vibrio(6%)、Cryptosporidium(5%)、Yersinia(0.8%)、Campylobacter(0.6%)であった。2006~2008年と比べ、2014年のSTEC O-157(32%減)およびYersina(22%減)の発生率は有意に減少したが、Vibrio(52%増)およびCampylobacter(13%増)の発生率は増加した。Salmonellaの主な血清型のうち、 Typhimuriumの発生率(27%減)は有意に減少したが、Infantis(162%増) およびJaviana(131%増)の発生率は上昇した。2011~2013年と比べ、2014年のSTEC O-157およびSalmonella血清型Typhimurium感染の発生率は低下したが、STEC non-O157およびSalmonella血清型Infantisの発生率は上昇した。2013年では、18歳未満の小児に下痢後の溶血性尿毒症症候群(HUS)が87例報告され、このうち46例(53%)は5歳未満(10万人あたり1.55)であり、2006~2008年の発生率と有意な差はなかった。継続的な食品安全の取り組みにもかかわらず、感染症の発生率は依然として高く、食品をより安全なものとし健康目標を達成するために、さらなる予防法が必要である。

References

  • Painter JA, Hoekstra RM, Ayers T, et al. Attribution of foodborne illnesses, hospitalizations, and deaths to food commodities by using outbreak data, United States, 1998–2008. Emerg Infect Dis 2013;19:407–15.
  • Naugle AL, Holt KG, Levine P, Eckel R. Sustained decrease in the rate of Escherichia coli O157:H7-positive raw ground beef samples tested by the food safety and inspection service. J Food Prot 2006;69:480–1.
  • CDC. Ongoing multistate outbreak of Escherichia coli serotype O157:H7 infections associated with consumption of fresh spinach—United States, September 2006. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2006;55:1045–6.
  • Gould LH, Mody RK, Ong KL, et al. Increased recognition of non-O157 Shiga toxin–producing Escherichia coli infections in the United States during 2000-2010: epidemiologic features and comparison with E. coli O157 infections. Foodborne Pathog Dis 2013;10:453–60.
  • CDC. An atlas of Salmonella in the United States, 1968–2011: laboratory-based enteric disease surveillance. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/salmonella/reportspubs/salmonella-atlas>.
  • Food and Drug Administration. FDA Food Safety Modernization Act. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2011. Available at <http://www.fda.gov/food/guidanceregulation/fsma/ucm247548.htm>.
  • Dórea FC, Cole DJ, Hofacre C, et al. Effect of Salmonella vaccination of breeder chickens on contamination of broiler chicken carcasses in integrated poultry operations. Appl Environ Microbiol 2010;76:7820–5.
  • Iwamoto M, Huang JY, Cronquist AB, et al. Bacterial enteric infections detected by culture-independent diagnostic tests—FoodNet, United States, 2012–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:252–7.
  • Crim SM, Iwamoto M, Huang JY, et al. Incidence and trends of infection with pathogens transmitted commonly through food—Foodborne Diseases Active Surveillance Network, 10 U.S. sites, 2006–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:328–32.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ