一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)エボラウイルスの性行為感染の可能性 ― リベリア、・・・

MMWR抄訳

rss

2015/05/08Vol. 64 / No. 17

MMWR64(17):479-481
Possible Sexual Transmission of Ebola Virus — Liberia, 2015

エボラウイルスの性行為感染の可能性 ― リベリア、2015年

リベリアにおいて最後のエボラウイルス病(Ebola)の確診例が隔離された30日後の2015年3月20日、モンロビアにて1人の女性がEbolaであると検査にて確診された。この女性(44歳、患者A)は3月14日、頭痛、脱力感、関節痛、悪心を来し、19日に受診、20日にRT-PCR法にて確診された。Ebola流行国への渡航歴はなく、シエラレオネやギニアからの旅行者との接触、葬儀への参列、Ebola患者との接触もなかったが、3月7日、46歳のEbola生存者と避妊せずに性行為を行っていた。この男性は2014年9月9日、発熱、食欲不振、頭痛を来し、9月23日にEbola治療施設へ入院、28日のRT-PCR法では確診されず、10月3日の検査も陰性であった。10月7日に治療施設を退院し、その後、症状は認めていないが、この男性の家族も同じ時期に発症し、兄、弟、娘および息子はいずれも死亡している。2015年3月23日に採取した男性の血液のRT-PCRによる検査は陰性であったが、ELISA法ではエボラウイルス糖タンパク質および核タンパク特異免疫グロブリンG(IgG)抗体が陽性であり、IgMは検出されなかった。さらに3月27日に採取した男性の体液はRT-PCR陽性であり、エボラウイルスの遺伝情報が検出された。この男性は患者Aの他に45歳の女性とも性行為を行っていたが(2月末~3月15日の間に3~5回)、この女性から3月27日に採取した血液検体はエボラウイルス特異IgGおよびIgMともに陰性であった。以上より、Ebola生存者の体液におけるウイルスのクリアランスおよび持続性と性行為による感染の可能性に関する検討が必要であると思われる。

References

  • Rodriguez LL, De Roo A, Guimard Y, et al. Persistence and genetic stability of Ebola virus during the outbreak in Kikwit, Democratic Republic of the Congo, 1995. J Infect Dis 1999;179(Suppl 1):S170–6.
  • Rowe AK, Bertolli J, Khan AS, et al. Clinical, virologic, and immunologic follow-up of convalescent Ebola hemorrhagic fever patients and their household contacts, Kikwit, Democratic Republic of the Congo. Commission de Lutte contre les Epidémies à Kikwit. J Infect Dis 1999;179(Suppl 1):S28–35.
  • Martini GA, Schmidt HA. [Spermatogenic transmission of the “Marburg virus.” (Causes of “Marburg simian disease”)]. Klin Wochenschr 1968; 46:398–400.
  • CDC. Ebola (Ebola virus disease). Transmission. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/transmission/>.
  • Kugelman JR, Wiley MR, Mate S, et al. Monitoring of Ebola virus Makona evolution through establishment of advanced genomic capability in Liberia. Emerg Infect Dis 2015. Epub ahead of print.
  • Baize S, Pannetier D, Oestereich L, et al. Emergence of Zaire Ebola virus disease in Guinea. N Engl J Med 2014;371:1418–25.
  • Hoenen T, Safronetz D, Groseth A, et al. Virology. Mutation rate and genotype variation of Ebola virus from Mali case sequences. Science 2015;348:117–9.
  • Gire SK, Goba A, Andersen KG, et al. Genomic surveillance elucidates Ebola virus origin and transmission during the 2014 outbreak. Science 2014;345:1369–72.
  • World Health Organization. Sexual transmission of the Ebola virus: evidence and knowledge gaps. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2015. Available at <http://www.who.int/reproductivehealth/topics/rtis/ebola-virus-semen/en/>.
  • Republic of Liberia, Ministry of Health and Social Welfare. Official statement of the Ministry of Health, Incident Management System of Liberia: latest on the Ebola virus disease. March 29, 2015.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ