一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)がんスクリーニング検査の利用 ― アメリカ、201・・・

MMWR抄訳

rss

2015/05/08Vol. 64 / No. 17

MMWR64(17):464-468
Cancer Screening Test Use — United States, 2013

がんスクリーニング検査の利用 ― アメリカ、2013年

乳がん、子宮頸がんおよび大腸がん(CRC)は定期的なスクリーニング検査と適切な経過観察および治療により死亡率を低下させることが可能である。Healthy People 2020ではこれらがんについてU.S. Preventive Services Task Force (USPSTF)ガイドラインに基づいたスクリーニング検査率の目標値を定めており、これらの目標値の達成状況のモニタリングにはNational Health Interview Survey (NHIS)データが使用されている。今回、CDCは2013年のNHISデータから、これらのがんのスクリーニング検査の利用について分析を行った。乳がんについては、2013年、50~74歳の女性の72.6%が2年以内にマンモグラフィ検査を受けていた。これはHealthy People 2020の定める目標値(81.1%)に達しておらず、年齢別では50~64歳:71.4%、65~74歳:75.3%、人種別では非ヒスパニック系:73.2%、ヒスパニック系:66.5%と有意差を認めた。また、学歴および収入の低い女性にて低く、医療保険未加入者では38.5%であった。子宮頸がんのパップテストは21~65歳の女性の80.7%が3年以内に受けていたが、目標値(93.0%)には達しておらず、51~65歳(77.6%)、ヒスパニック系女性(76.9%)、国外で生まれた女性(アメリカ居住歴が10年未満:66.0%、10年以上:76.7%)にて低かった。また、2000~2013年の間に検査率が5.5ポイント有意に低下していた。CRCのスクリーニング検査(1年以内の便潜血反応検査、5年以内の軟性S字結腸鏡検査+3年以内の便潜血反応検査、または10年以内の大腸内視鏡検査)は50~75歳にて58.2%(Healthy People 2020目標値:70.5%)が受けており、検査率は非ヒスパニック系や白人に比べアジア系、ヒスパニック系にて低く、年齢別では50~64歳:52.8%、65~75歳:69.4%であった。学歴および収入の低い人で低く、男女別では女性(58.9%)にて高かった(男性:56.7%)。検査率は2000~2013年にて24.6%上昇していた。以上、乳がん、子宮頸がんおよび結腸直腸がんのスクリーニング検査の実施率は目標値を下回り、2010~2013年にかけてはいずれの検査率もほぼ横這いであり、対応が急がれる。

References

  • US Department of Health and Human Services Office of Disease Prevention and Health Promotion. Healthy people 2020. Available at <http://www.healthypeople.gov/>.
  • National Center for Health Statistics. Survey Description, National Health Interview Survey, 2013. Hyattsville, Maryland: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2014.
  • CDC. Cancer screening - United States, 2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:41–5.
  • Brown ML, Klabunde CN, Cronin KA, White MC, Richardson LC, McNeel TS. Challenges in meeting Healthy People 2020 objectives for cancer-related preventive services, National Health Interview Survey, 2008 and 2010. Prev Chronic Dis 2014;11:E29.
  • CDC. Vital signs: breast cancer screening among women aged 50-74 years - United States, 2008. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2010;59:813–6.
  • CDC. Vital signs: colorectal cancer screening test use—United States, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:881–8.
  • Swan J, Breen N, Coates RJ, Rimer BK, Lee NC. Progress in cancer screening practices in the United States: results from the 2000 National Health Interview Survey. Cancer 2003;97:1528–40.
  • Sabatino SA, Coates RJ, Uhler RJ, Breen N, Tangka F, Shaw KM. Disparities in mammography use among US women aged 40-64 years, by race, ethnicity, income, and health insurance status, 1993 and 2005. Med Care 2008;46:692–700.
  • Klabunde CN, Cronin KA, Breen N, Waldron WR, Ambs AH, Nadel MR. Trends in colorectal cancer test use among vulnerable populations in the United States. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2011;20:1611–21.
  • Fox JB, Shaw FE; Office of Health System Collaboration, Office of the Associate Director for Policy, CDC. Relationship of income and health care coverage to receipt of recommended clinical preventive services by adults - United States, 2011-2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:666–70.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ