一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)神経管閉鎖障害予防のための再生産年齢女性における適・・・

MMWR抄訳

rss

2015/04/24Vol. 64 / No. 15

MMWR64(15):421-423
Optimal Serum and Red Blood Cell Folate Concentrations in Women of Reproductive Age for Prevention of Neural Tube Defects: World Health Organization Guidelines

神経管閉鎖障害予防のための再生産年齢女性における適切な血清中および赤血球中の葉酸濃度:WHOガイドライン

神経管閉鎖障害(NTD)は妊娠第1月に神経管が完全に閉鎖せずに発症する二分脊椎、無脳症、脳瘤などの重度の先天異常であり、妊娠前または妊娠早期の適切な葉酸摂取により発症リスクが抑制されることがランダム化比較試験や観察試験にて示されている。再生産年齢女性におけるNTDを予防する血中葉酸濃度のカットオフ値は定義されておらず、今回、WHOによりNTD予防に適切な血中葉酸濃度に関するガイドラインが作成された。WHOは再生産年齢女性において、NTDの発症リスクを低減しうる赤血球葉酸濃度を400ng/mL超(906nmol/L)とし、血清葉酸濃度の閾値については推奨される濃度はなく、また、赤血球葉酸濃度の測定法として微生物学的定量法を推奨している。NTDの発症は葉酸の摂取のみにて予防されるものではないため、この濃度は1つの指標として考慮されるべきであり、葉酸摂取の必要性が示唆される場合、葉酸を多く含む食品やサプリメントを摂取し、摂取前と6~12カ月後の状態を比較してさらに必要な対策を講じることが重要である。葉酸の摂取法として、栄養強化穀物製品(100gあたり葉酸140μgを含む)、シリアル(1食あたり葉酸400μgを含む)およびサプリメントがあり、これらの摂取によりNTDの発症率は低下しており(1995~1996年:10,000人あたり10.7から2009~2011年:7.0)、症例数も毎年約1,326例ずつ減少している。2007~2012年のNational Health and Nutrition Examination Surveyデータによると、アメリカの再生産年齢女性の22.8%が赤血球葉酸濃度のカットオフ値を下回っており、これらの女性に対する栄養学的介入の必要性が示唆される。

References

  • Blencowe H, Cousens S, Modell B, Lawn J. Folic acid to reduce neonatal mortality from neural tube disorders. Int J Epidemiol 2010;39(Suppl 1):i110–21.
  • US Preventive Services Task Force. Folic acid for the prevention of neural tube defects: U.S. Preventive Services Task Force recommendation statement. Ann Intern Med 2009;150:626–31.
  • Yi Y, Lindemann M, Colligs A, Snowball C. Economic burden of neural tube defects and impact of prevention with folic acid: a literature review. Eur J Pediatr 2011;170:1391–400.
  • Christianson A, Modell B, Howson C. March of Dimes global report on birth defects: the hidden toll of dying and disabled children. White Plains, NY; 2006. Available at <http://www.marchofdimes.org/materials/global-report-on-birth-defects-the-hidden-toll-of-dying-and-disabled-children-executive-summary.pdf>.
  • World Health Organization. WHO handbook for guideline development, 2nd ed. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014.
  • World Health Organization. Guideline. Optimal serum and red blood cell folate concentrations in women of reproductive age for prevention of neural tube defects. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2015. Available at <http://www.who.int/nutrition/publications/guidelines/optimalserum_rbc_womenrep_tubedefects/en>.
  • Daly LE, Kirke PN, Molloy A, Weir DG, Scott JM. Folate levels and neural tube defects. Implications for prevention. JAMA 1995;274:1698–702.
  • Crider KS, Devine O, Hao L, et al. Population red blood cell folate concentrations for prevention of neural tube defects: Bayesian model. BMJ 2014;349:g4554.
  • Williams J, Mai CT, Mulinare J, et al. Updated estimates of neural tube defects prevented by mandatory folic acid fortification—United States, 1995–2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1–5.
  • Tinker SC, Hamner HC, Qi YP, Crider KS. U.S. women of childbearing age who are at possible increased risk of a neural tube defect-affected pregnancy due to suboptimal red blood cell folate concentrations, National Health and Nutrition Examination Survey 2007–2012. Birth Defects Res A Clin Mol Teratol. April 17, 2015; Epub ahead of print.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ