一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)シンタクチックフォーム製造施設における職業関連喘息・・・

MMWR抄訳

rss

2015/04/24Vol. 64 / No. 15

MMWR64(15):411-414
Work-Related Asthma Cluster at a Syntactic Foam Manufacturing Facility — Massachusetts 2008–2013

シンタクチックフォーム製造施設における職業関連喘息の集団発症 ― マサチューセッツ州、2008~2013年

2008~2012年、マサチューセッツ州において沖合の石油、ガス産業の海上フロートに使用されるシンタクチックフォームの製造施設の従業員における職業関連喘息が9件報告された。CDCは施設の従業員からの要請により、2012年、健康ハザードに関する調査を実施、154名の従業員から回答を得た[男性:97%、外国籍:69%、年齢:40(21~69)歳、勤務年数:5(1未満~21)年]。92%の従業員は製造および製造補助に従事し、8%は管理部門の職員であった。医師から喘息と診断された従業員は14名(9%)であり、7名(5%)は現在の喘息患者であった。14名中8名は成人発症(18歳以降)であり、うち6名は雇用後に診断されており、これら6名はMassachusetts Department of Public Healthへの報告歴もなかった。成人発症喘息の発症率は雇用後にて6名(1,000例/年あたり8.3)、雇用前にて2例(1,000例/年あたり0.7)と雇用後にて約12倍高かった。喘息様症状は36名(23%)にて認められ、うち61%は職業との関連性を示し、在職期間の長い従業員にて多く認められた。また、医師から喘息と診断されていない140名の従業員のうち、27名(19%)が喘息様症状を呈し、16名(11%)が職業との関連性を示した。以上、雇用後の喘息発症リスクが高いことから、製造過程において喘息のトリガーとなる物質が存在することが示唆され、雇用する会社はこれらの物質への曝露を抑制する対策を開始している。

References

  • Tarlo SM, Balmes J, Balkissoon R, et al. Diagnosis and management of work-related asthma: American College of Chest Physicians consensus statement. Chest 2008;134(Suppl):1S–41S.
  • Henneberger PK, Redlich CA, Callahan DB, et al; ATS Ad Hoc Committee on Work-Exacerbated Asthma. An official American Thoracic Society statement: work-exacerbated asthma. Am J Respir Crit Care Med 2011;184:368–78.
  • Torén K, Blanc PD. Asthma caused by occupational exposures is common—a systematic analysis of estimates of the population-attributable fraction. BMC Pulm Med 2009;9:7.
  • Grassi M, Rezzani C, Biino G, Marinoni A. Asthma-like symptoms assessment through ECRHS screening questionnaire scoring. J Clin Epidemiol 2003;56:238–47.
  • Reed PL, Rosenman K, Gardiner J, Reeves M, Reilly MJ. Evaluating the Michigan SENSOR Surveillance Program for work-related asthma. Am J Ind Med 2007;50:646–56.
  • Vandenplas O, Dressel H, Wilken D, et al. Management of occupational asthma: cessation or reduction of exposure? A systematic review of available evidence. Eur Respir J 2011;38:804–11.
  • Baur X, Sigsgaard T, Aasen TB, et al; ERS Task Force on the Management of Work-Related Asthma. Guidelines for the management of work-related asthma. Eur Respir J 2012;39:529–45.
  • Nielsen J, Welinder H, Horstmann V, Skerfving S. Allergy to methyltetrahydrophthalic anhydride in epoxy resin workers. Br J Ind Med 1992;49:769–75.
  • Fawcett IW, Newman Taylor AJ, Pepys J. Asthma due to inhaled chemical agents—epoxy resin systems containing phthalic acid anhydride, trimellitic acid anhydride and triethylene tetramine. Clin Allergy 1977;7:1–14.
  • Mazurek JM, Storey E. Physician-patient communication regarding asthma and work. Am J Prev Med 2012;43:72–5.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ