一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)浸潤がんの発生率 ― プエルトリコ、2007~20・・・

MMWR抄訳

rss

2015/04/17Vol. 64 / No. 14

MMWR64(14):389-393
Invasive Cancer Incidence — Puerto Rico, 2007–2011

浸潤がんの発生率 ― プエルトリコ、2007~2011年

プエルトリコでは、がんは主な死亡原因である。がん発生率の新たな傾向およびパターンを確認するための基準値を設定する目的で、Puerto Rico Central Cancer RegistryのスタッフおよびCDCは、National Program of Cancer Registriesを含むU.S. Cancer Statisticsの直近で利用可能な2007~2011年のデータを分析した。また、2011年のがん発生率をプエルトリコとアメリカ間で比較した。2007~2011年において、プエルトリコでは合計68,312件の浸潤がんが診断され、年齢で調整した年平均発生率は10万人あたり330であった。年齢で調整した10万人あたりの発生率は男性で女性よりも高く(395 vs 281)、0~19歳、20~49歳、50~64歳、65~74歳、75歳以上では、それぞれ13.5、127.5、594.2、1281.4、1596.9であった。がんの部位別による年平均発生率は前立腺がん(男性10万人あたり152.1)および女性の乳がん(女性10万人あたり84.2)、大腸がん(10万人あたり43)が最も高く、これらの3つのがんで全体の約半数を占めた。頻度の高いがんの1位、2位、3位は、男性では前立腺がん、大腸がん、肺がん、女性では乳がん、大腸がん、甲状腺がんであった。2011年のプエルトリコの年齢で調整した10万人あたりのがん発生率(339)はアメリカ(451)よりも低く、アメリカの人種/民族に関係しなかった(非ヒスパニック系黒人:467、非ヒスパニック系白人:462、ヒスパニック:351)。一方、前立腺がんの発生率はプエルトリコ(男性10万人あたり150)でアメリカ全体(128)およびアメリカのヒスパニック集団(104)よりも増加したが、アメリカの非ヒスパニック系黒人集団(198)よりも減少した。プエルトリコの乳がん発生率(女性10万人あたり93)はアメリカのヒスパニック集団(92)と同等で、どちらもアメリカ全体の発生率(122)を下回った。プエルトリコの発生率はアメリカと比べ、肺がんは減少し、大腸がんは同等であり、甲状腺がんは増加した。プエルトリコでは地方自治体によりがんの発生率に差があり、リスクファクターの保有率およびがん検査業務における地理的な変動を調査する必要がある。公衆衛生の専門家は、2007~2011年のがん発生率を基にがん発生の傾向を監視するとともに、がん予防プログラムの有効性を評価することができる。

References

  • CDC. Deaths: final data for 2012 — detailed tables for the National Vital Statistics Report (NVSR). Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/nvsr/nvsr63/nvsr63_09.pdf>.
  • Ortiz AP, Díaz-Toro EC, Calo WA, et al. Characteristics of smokers accessing the Puerto Rico Quitline. P R Health Sci J 2008;27:213–9.
  • U.S. Cancer Statistics Working Group. United States cancer statistics: 1999–2011 incidence and mortality web-based report. Atlanta, GA: U.S. Department of Health and Human Services, CDC and National Cancer Institute; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/cancer/npcr/uscs/index.htm>
  • Henley SJ, Singh SD, King J, Wilson R, O’Neil ME, Ryerson AB; CDC. Invasive cancer incidence and survival - United States, 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:237–42.
  • Mathews TJ, Hamilton BE. Mean age of mother, 1970–2000. National vital statistics reports; vol 51 no 1. Hyattsville, Maryland: National Center for Health Statistics. 2002.
  • CDC. State-specific prevalence of cigarette smoking and smokeless tobacco use among adults --- United States, 2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2010;59:1400–6.
  • Agaku IT, King BA, Dube SR. Current cigarette smoking among adults - United States, 2005-2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:29–34.
  • Torres-Cintrón M, Ortiz AP, Ortiz-Ortiz KJ, et al. Using a socioeconomic position index to assess disparities in cancer incidence and mortality, Puerto Rico, 1995-2004. Prev Chronic Dis 2012;9:E15.
  • Serrano-Rodríguez R, Amill-Rosario A. Prevalence of cancer screening, Puerto Rico 2012. Puerto Rico Behavioral Risk Factor Surveillance System, Puerto Rico Department of Health, Centers for Disease Control and Prevention. 2013.
  • Clegg LX, Feuer EJ, Midthune DN, Fay MP, Hankey BF. Impact of reporting delay and reporting error on cancer incidence rates and trends. J Natl Cancer Inst 2002;94:1537–45.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ