一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)オピオイド鎮痛薬に関連する中毒死 ― ニューヨーク・・・

MMWR抄訳

rss

2015/04/17Vol. 64 / No. 14

MMWR64(14):377-380
Poisoning Deaths Involving Opioid Analgesics — New York State, 2003–2012

オピオイド鎮痛薬に関連する中毒死 ― ニューヨーク州、2003~2012年

アメリカでは、オピオイド鎮痛薬関連死が急激に増加しており、1999年に約4,000例だった死亡者数は2013年に16,235例、人口10万人あたり死亡率は1.4から5.1へ4倍近く増加した。オピオイド鎮痛薬に関連する中毒死のニューヨーク州における傾向を、ニューヨーク市(NYC)および市外自治体、州のメディケイド登録者データから分析した。2003~2012年、薬物中毒による死亡者数は750例から1,869例に増加した。そのうちオピオイド鎮痛薬関連死者数および薬物中毒死者数に対するその割合は、2003年:179例(23.9%)から2012年:883例(47.2%)に増加し、2010年には54.0%に達した。オピオイド鎮痛薬関連死の人口10万人あたり死亡率は、人口統計学的に、男性、白人、NYC市外在住、メディケイド登録者で高かった。年齢層別では45~64歳が期間を通して最も高く、また、期間中の死亡率増加率も最も高かった。オピオイド鎮痛薬関連死には複数の薬物が関連しており、2012年、ニューヨーク州のオピオイド鎮痛薬関連死者数は883例で、そのうち624例(70.7%)から少なくとも1種類以上のオピオイド鎮痛薬以外の薬物が検出、特定された。308例(49.4%)からはベンゾジアゼピン系、153例(24.5%)はコカイン、119例(19.1%)からは未特定の抗うつ薬が検出された。オピオイド鎮痛薬および複数の薬物が関連する死亡例の増加を抑制するためには、規制薬物の処方者が患者の薬物処方歴を確認することが重要である。ニューヨーク州では、2013年8月27日にInternet System for Tracking Over-Prescribing lowが発効された。規制薬物の処方者は、処方箋交付時にPrescription Monitoring Programへの登録と照会、電子的処方が義務付けられている。これらの手続きは、オピオイド鎮痛薬関連の中毒死リスクが高いメディケイド利用患者等にとって、特に重要であると考えられる。

References

  • Warner M, Chen LH, Makuc DM, Anderson RN, Meniño AM. Drug poisoning deaths in in the United States, 1980–2008. NCHS data brief, no 81. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011.
  • Chen LH, Hedegaard H, Warner M. Quickstats: Rates of deaths from drug poisoning and drug poisoning involving opioid analgesics—United States, 1999–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:32.
  • Ingram DD, Parker JD, Schenker N, et al. United States Census 2000 population with bridged race categories. NCHS vital health statistics 2(135). Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC; 2003.
  • Klein RJ, Schoenborn CA. Age adjustment using the 2000 projected U.S. population. 2010 Healthy People statistical notes, no. 20. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC; 2001.
  • CDC. Vital signs: overdoses of prescription opioid pain relievers and other drugs among women—United States, 1999-2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:537–42.
  • Adelmann PK. Mental and substance use disorders among Medicaid recipients: prevalence estimates from two national surveys. Adm Policy Ment Health 2003;31:111–29.
  • Warner M, Chen LH, Makuc DM. Increase in fatal poisonings involving opioid analgesics in the United States, 1999–2006. NCHS data brief, no 22. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009.
  • Manchikanti L. Prescription drug abuse: what is being done to address this new drug epidemic? Testimony before the Subcommittee on Criminal Justice, Drug Policy and Human Resources. Pain Physician 2006;9:287–321.
  • Brown ME, Swiggart WH, Dewey CM, Ghulyan MV. Searching for answers: proper prescribing of controlled prescription drugs. J Psychoactive Drugs 2012;44:79–85.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ