一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)麻疹 ― アメリカ、2015年1月4日~4月2日

MMWR抄訳

rss

2015/04/17Vol. 64 / No. 14

MMWR64(14):373-376
Measles — United States, January 4–April 2, 2015

麻疹 ― アメリカ、2015年1月4日~4月2日

アメリカは2000年に麻疹根絶を宣言しているが、常在国からの輸入例は継続しており、国内での集団発生につながる可能性がある。麻疹のアウトブレイクについてCDCの最新のサーベイランスデータを報告する。2015年1月4日~4月2日、外国人旅行者4例を含む計159例の麻疹症例が18州およびワシントンDCより報告された。症例の年齢は6週齢~70歳で、22例が入院し、うち5例は肺炎を来した。死亡例の報告はなかった。そのうち111例(70%)は、2014年12月下旬に発生したカリフォルニア州のディズニーテーマパークに端を発したアウトブレイクに関連していた。感染源は特定されていないが、101例(91%)は検査室確定例であり、少なくとも40例からB3遺伝子型麻疹ウイルスが検出されている。その他、小規模なアウトブレイクがイリノイ州(15例)、ネバダ州(9例)、ワシントン州(5例)から報告された。159例のうち71例(45%)は麻疹ワクチン未接種であり、60例(38%)は接種歴不明、28例(18%)は接種歴があった。麻疹に罹患した68例のワクチン未接種の理由は、哲学的または宗教上の理由が29例(43%)、接種不適格(12カ月齢未満:26例、医学上の禁忌:1例)が27例(40%)、接種機会の逸失が3例(4%)、その他9例(13%)であった。159例のうち153例(96%)は輸入例関連であり、外国人4例を含む10例は直接輸入例で、感染国はアゼルバイジャン、中国、ドイツ、インド、インドネシア、キルギス共和国、パキスタン、カタール、シンガポール、アラブ首長国連邦 (各1例)であった。輸入例の国内伝播を防ぐためには、麻疹・流行性耳下腺炎・風疹(MMR)ワクチン2回接種率の維持とともに、旅行前のワクチン接種や感染者の早期発見、隔離といった公衆衛生上の迅速な対応が重要である。

References

  • Katz SL, Hinman AR. Summary and conclusions: measles elimination meeting, 16-17 March 2000. J Infect Dis 2004;189(Suppl 1):S43–7.
  • CDC. Manual for the surveillance of vaccine-preventable diseases. Chapter 7: measles. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/pubs/surv-manual/chpt07-measles.pdf>.
  • Zipprich J, Winter K, Hacker J, Xia D, Watt J, Harriman K; CDC. Measles outbreak—California, December 2014-February 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:153–4.
  • CDC. CDC health advisory: U.S. multi-state measles outbreak, December 2014–January 2015. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. Available at <http://emergency.cdc.gov/han/han00376.asp>.
  • Papania MJ, Wallace GS, Rota PA, et al. Elimination of endemic measles, rubella, and congenital rubella syndrome from the Western hemisphere: the US experience. JAMA Pediatr 2014;168:148–55.
  • Gastañaduy PA, Redd SB, Fiebelkorn AP, et al.. Measles—United States, January 1–May 23, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014; 63:496–9.
  • Wang E, Clymer J, Davis-Hayes C, Buttenheim A. Nonmedical exemptions from school immunization requirements: a systematic review. Am J Public Health 2014;104:e62–84.
  • McLean HQ, Fiebelkorn AP, Temte JL, Wallace GS. Prevention of measles, rubella, congenital rubella syndrome, and mumps, 2013: summary recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2013;62(No. RR-4):1–34.
  • CDC. 2007 guideline for isolation precautions: preventing transmission of infectious agents in healthcare settings. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2007. Available at <http://www.cdc.gov/hicpac/2007ip/2007isolationprecautions.html>.
  • Rota PA, Brown K, Mankertz A, et al. Global distribution of measles genotypes and measles molecular epidemiology. J Infect Dis 2011;204(Suppl 1):S514–23.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ