一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)乳児難聴の発見における進歩 ― アメリカ、2006・・・

MMWR抄訳

rss

2015/04/10Vol. 64 / No. 13

MMWR64(13):351-356
Progress in Identifying Infants with Hearing Loss — United States, 2006–2012

乳児難聴の発見における進歩 ― アメリカ、2006~2012年

先天性難聴は出生児1,000名あたり1~3例に発現するが、診断されず未処置の場合、言語障害、社会性および感情発達障害を来す。アメリカでは全ての新生児を対象に、管轄区ベースのEarly Hearing Detection and Intervention (EHDI)プログラムにより難聴のスクリーニング検査が行われ、スクリーニングをパスしなかった場合は追跡診断検査(DX)を受け、永久難聴と診断された場合は早期介入(EI)サービスに登録される。スクリーニング検査率は向上するも、診断結果およびEI登録に関してはEHDIへ報告されない場合があり、州および管轄区は症例を把握することができず、追跡不能(LFU/lost to follow-up)/確認不能(LTD/lost to documentation)となる症例が多い。ここではEHDI Hearing Screening and Follow-up Survey (HSFS)の2006~2012年データより、DXに対するLFU/LTD(LFU/LTD-DX)およびEI登録に対するLFU/LTD(LFU/LTD-EI)について分析した結果を報告する。スクリーニング検査を受けた新生児は2006年:95.2%、2012年:96.6%であり、スクリーニング検査をパスせず、その後、永久難聴と診断された乳児は2006年:4.8%(3,261名)、2012年:10.3%(5,475名)、スクリーニングを受けた乳児1,000名あたりそれぞれ1.1、1.6名であった。永久難聴と確診された乳児のうち、EI登録された乳児は2006年:55.4%、2012年:61.7%と増加し、LFU/LTD-DXおよびLFU/LTD-EIはそれぞれ47.7%から35.9%、40.3%から24.6%へ減少し、州および管轄区が把握する永久難聴と診断された乳児およびEIに登録された乳児の数が増えていることが示唆される。今後、電子カルテの利用や診断および治療法の統一化などによる管轄区間の連携が重要であると思われる。

References

  • Vohr B. Overview: Infants and children with hearing loss—part I. Ment Retard Dev Disabil Res Rev 2003;9:62–4.
  • Kusché CA, Greenberg MT. Evaluative understanding and role-taking ability: a comparison of deaf and hearing children. Child Dev 1983;54:141–7.
  • Culbertson JL, Gilbert LE. Children with unilateral sensorineural hearing loss: cognitive, academic, and social development. Ear Hear 1986;7:38–42.
  • CDC. Identifying infants with hearing loss—United States, 1999–2007. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2010;59:220–3.
  • Mason CA, Gaffney M, Green DR, Grosse SD. Measures of follow-up in early hearing detection and intervention programs: a need for standardization. Am J Audiol 2008;17:60–7.
  • Ross DS, Visser SN. Pediatric primary care physicians’ practices regarding newborn hearing screening. J Prim Care Community Health 2012;3:256–63.
  • Frieden TR, Mostashari F. Health care as if health mattered. JAMA 2008;299:950–2.
  • Congressional Budget Office. Evidence on the costs and benefits of health information technology. Pub. No. 2976. Washington, DC: Congressional Budget Office; 2008. Available at <https://www.cbo.gov/sites/default/files/05-20-healthit.pdf>.
  • Chaudhry B, Wang J, Wu S, et al. Systematic review: impact of health information technology on quality, efficiency, and costs of medical care. Ann Intern Med 2006;144:742–52.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ