一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)作業関連喘息 ― 22州、2012年

MMWR抄訳

rss

2015/04/10Vol. 64 / No. 13

MMWR64(13):343-346
Work-Related Asthma — 22 States, 2012

作業関連喘息 ― 22州、2012年

アメリカ38州およびワシントンDCにおける2006~2009年のBehavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS) Adult Asthma Call-back Survey (ACBS)データによると、喘息患者のうち作業関連喘息(WRA)患者は9.0%と推定されている。2012年、CDCは、国内22州において携帯電話と一般電話の両方を利用して集めたBRFSS およびACBSの2012年データより、喘息およびWRAの罹患率についてデータの分析を行った。サンプル数はBRFSS:205,755人(母集団推定1億3,700人)、ACBS:9,893人(母集団推定1,800万人)であり、これらにおける喘息患者は9.0%であり、性別(男性:6.4%、女性:11.4%)、年齢(18~44歳:8.8%、45~64歳:9.4%、65歳以上:8.7%)、人種/民族(白人:9.2%、黒人:12.5%、ヒスパニック系:6.8%、その他:8.7%)、学歴(高卒未満:9.5%、高卒以上:8.6%)により異なり、州別では6.8%(テキサス州)~10.9%(バーモント州)であった。ACBSに参加した成人のうち7,275人に職歴があり、WRA患者は15.7%(推定190万人)であり、性別では男性:17.6%、女性:14.8%、年齢別では45~64歳(20.7%)が最も多く、18~44歳は13.0%、65歳以上は12.1%であった。人種/民族別では白人:14.9%、黒人:12.3%、ヒスパニック系:18.2%、その他:23.5%であり、学歴別では高卒未満:16.1%、高卒以上:15.5%、州別では9.0%(ハワイ州)~23.1%(ミズーリ州)であった。これらの結果はWRAによる負荷を抑制するため、州および他の政府機関、医療従事者、雇用者および労働者に有益な情報を与えうるものと考える。

References

  • Chester DA, Hanna EA, Pickelman BG, Rosenman KD. Asthma death after spraying polyurethane truck bedliner. Am J Ind Med 2005;48:78–84.
  • Friedman-Jiménez G, Beckett WS, Szeinuk J, Petsonk EL. Clinical evaluation, management, and prevention of work-related asthma. Am J Ind Med 2000;37:121–41.
  • Tarlo SM, Balmes J, Balkissoon R, et al. Diagnosis and management of work-related asthma: American College Of Chest Physicians consensus statement. Chest 2008;134(Suppl):S1–41.
  • CDC. Work-related asthma—38 states and District of Columbia, 2006–2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:375–8.
  • CDC. Methodologic changes in the Behavioral Risk Factor Surveillance System in 2011 and potential effects on prevalence estimates. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:410–3.
  • Blumberg SJ, Luke JV. Reevaluating the need for concern regarding noncoverage bias in landline surveys. Am J Public Health 2009;99:1806–10.
  • Hu SS, Balluz L, Battaglia MP, Frankel MR. The impact of cell phones on public health surveillance. Bull World Health Organ 2010;88:799.
  • Hu SS, Balluz L, Battaglia MP, Frankel MR. Improving public health surveillance using a dual-frame survey of landline and cell phone numbers. Am J Epidemiol 2011;173:703–11.
  • Jenkins MA, Clarke JR, Carlin JB, et al. Validation of questionnaire and bronchial hyperresponsiveness against respiratory physician assessment in the diagnosis of asthma. Int J Epidemiol 1996;25:609–16.
  • Sama SR, Hunt PR, Cirillo CI, et al. A longitudinal study of adult-onset asthma incidence among HMO members. Environ Health 2003;2:10.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ