一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)ワクチン定期接種実施後における検査でのロタウイルス・・・

MMWR抄訳

rss

2015/04/10Vol. 64 / No. 13

MMWR64(13):337-342
Sustained Decrease in Laboratory Detection of Rotavirus after Implementation of Routine Vaccination — United States, 2000–2014

ワクチン定期接種実施後における検査でのロタウイルス検出の持続的な減少 ― アメリカ、2000~2014年

ロタウイルスは乳幼児に重度の胃腸炎をきたす主な原因菌であり、アメリカでは2006年にワクチンが導入される前はロタウイルス感染症により推定55,000~70,000例の小児が入院し、年間受診例は410,000例であった。また、ロタウイルス感染症は冬から春にかけて発生し、地域的には西部(12月~1月)から北東部(4月~5月)に広がっていた。今回、CDCはこれらの特徴について、National Respiratory and Enteric Virus Surveillance Systemのデータをワクチン導入前(2000~2006年)と導入後(2007~2014年)にて比較した。ワクチン導入前、発症開始は第50週(12月)、ピークは第9週(2月/3月、検体の43.1%が陽性)、発症を認めた期間は26週間であった。ワクチン導入後は発症開始が遅くなり(2007-08年:第9週、2008-09年:第4週、2010-11年:第3週、2012-13年:第1週、その他の年は閾値に達しなかった)、ピークは第11週~第22週、ピーク時の検体陽性率は10.9~27.3%と低下し、さらに発症を認めた期間も短縮した(0~18週間)。西部、南部、中西部および北東部における発症開始、ピークおよび発症期間はそれぞれにバラツキがあり、とくに南部では発症開始が第49週~第17週、ピークは第9週~第21週、発症期間は0~31週間と、その年により大きく異なっていた。なお、ワクチン接種率は19~36カ月齢の幼児にて2009年:43.9%、2013年:72.6%と増加しており、また、2007~2011年の4年間におけるロタウイルス感染症の入院は176,000例、救急外来の受診は242,000例であり、この4年間で下痢による外来受診者が約110万例回避され、約9億2400万ドルの医療費が削減された。

References

  • Tate JE, Burton AH, Boschi-Pinto, Steele AD, Duque J, Parashar UD. 2008 estimate of worldwide rotavirus-associated mortality in children younger than 5 years before the introduction of universal rotavirus vaccination programmes: a systematic review and meta-analysis. Lancet Inf Dis 2012;12:136–41.
  • Parashar UD, Hummelman EG, Bresee JS, Miller MA, Glass RI. Global illness and deaths caused by rotavirus disease in children. Emerg Infect Dis 2003;9:565–72.
  • Cortese MM, Parashar UD. Prevention of rotavirus gastroenteritis among infants and children: recommendations of the advisory committee on immunization practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2009;58(No. RR-02):1–25.
  • Tate JE, Mutuc JD, Panozzo CA, et al. Sustained decline in rotavirus detections in the United States following the introduction of rotavirus vaccine in 2006. 2011 Peds Inf Dis Supp; 30(1).
  • Pitzer VE, Viboud C, Simonsen L, et al. Demographic variability, vaccination, and the spatiotemporal dynamics of rotavirus epidemics. Science 2009;325:290–4.
  • Gastanaduy PA, Curns AT, Parashar UD, Lopman BA. Gastroenteritis hospitalization in older children and adults in the United States before and after implementation of infant rotavirus vaccination. JAMA 2013;210:851–3.
  • Elam-Evans LD, Yankey D, Singleton JA, Kolasa M. National, state, and selected local area vaccination coverage among children aged 19–35 months — United States, 2013. 2014 MMWR Morbid Mortal Wkly Rep 2014;63;741–8.
  • Cortes JE, Curns AT, Tate JE, et al. Rotavirus vaccine and health care utilization for diarrhea in US children. N Engl J Med 2011; 365:1108–17.
  • Leshem E, Moritz RM, Curns AT et al. Rotavirus vaccines and health care utilization for diarrhea in the United States (2007-2011). Pediatrics 2014;134(1).
  • Payne DC, Boom JA, Staat MA, et al. Effectiveness of pentavalent and monovalent rotavirus vaccines in concurrent use among US children <5 years of age, 2009–2011. Clin Inf Dis 2013;57:14–20.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ