一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)CDC Grand Rounds:がんスクリーニン・・・

MMWR抄訳

rss

2015/04/03Vol. 64 / No. 12

MMWR64(12):324-327
CDC Grand Rounds: the Future of Cancer Screening

CDC Grand Rounds:がんスクリーニングの将来

がんはアメリカにおいて2番目に多い死因であり、死亡の52%が肺および気管支、女性の乳房、子宮頸部、大腸および直腸、口腔および咽頭、前立腺、皮膚(黒色腫)のがんが原因である。初めてのがんスクリーニングである子宮頸がんのためのpapanicolaou(Pap)テストの登場以降、撮像法(マンモグラフィー、内視鏡、CTなど)および検体検査(便潜血検査など)を介したその他のがんの検出法も開発されている。U.S. Preventive Services Task Force(USPSTF)は、がんスクリーニングの推奨とともに、スクリーニングの潜在的利益と損失の科学的エビデンスを継続的に審査している。USPSTFのがんスクリーニングの推奨はグレードA(純便益が相当にあることが高度に確実:子宮頸がん、結腸直腸がん)およびグレードB(純便益が中等度であることが高度に確実または純便益が中等度~相当にあることが中等度に確実:乳がん、ヘビースモーカーの肺がん)から構成される。Healthy People 2020では、これらのがんの発生率、死亡率、スクリーニングの目標が取り上げられている。アメリカでは、がんスクリーニングは全身検査または医学的状態で外来を受診した際に医師から推奨されるが、オランダおよびイギリスでは通常の医療環境とは別に、すべての成人に対し推奨された間隔でがんスクリーニングの受診を勧告する組織化したシステムを使用しており、これらのシステムは包括的なデータ収集および評価を実施している。アメリカでは、Kaiser Permanente Northern California(KPNC)が組織化された結腸直腸がんのスクリーニングを持つケアプランを運営している。KPNCでは患者および医療機関の動向に合わせた介入を実施した結果、2012年の結腸直腸がんスクリーニングの質は2005年よりも改善した。また、Affordable Care Act (ACA)は、保険の補償範囲の拡大および費用分担の廃止を介し、グレードAおよびBの予防衛生サービスの利用機会を増加させる可能性がある。しかし、適切な健康保険であっても、多くの人々および地域はがんスクリーニングの受診について強固な障壁に直面していると考えられ、公衆衛生およびプライマリケアの統合により、集団および個人の健康の両方を改善する機会が得られる。CDCのNational Breast and Cervical Cancer Early Detection Programは、アメリカで唯一の全国的な組織化されたがんスクリーニングのプログラムで、24年間にわたり健康保険に無加入または制限のある低所得の女性に乳がんおよび子宮頸がんのスクリーニングサービスを提供してきた。さらに、CDCのColorectal Cancer Control Programでは、すべてのグループで受診率を増加させるために集団をベースとしてアプローチを重要視している。高受診率を達成する有効ながんスクリーニング・プログラムは患者、医療提供者、医療制度の因子によって決まり、さらに広範囲のがんスクリーニングにイニシアチブを形成する必要がある。

References

  • US Cancer Statistics Working Group. United States cancer statistics: 1999–2011 incidence and mortality web-based report. Atlanta. GA: US Department of Health and Human Services, CDC and National Cancer Institute; 2014. Available at <http://apps.nccd.cdc.gov/uscs>.
  • Wingo PA, Cardinez CJ, Landis SH, et al. Long-term trends in cancer mortality in the United States, 1930–1998. Cancer 2003;97(Suppl):3133–275.
  • National Cancer Institute. Cancer screening overview (PDQ). Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Cancer Institute; 2014. Available at <http://www.cancer.gov/cancertopics/pdq/screening/overview/patient>.
  • US Preventive Services Task Force. Recommendations for primary care practice. Rockville, MD: US Preventive Services Task Force; 2014. Available at <http://www.uspreventiveservicestaskforce.org/Page/Name/recommendations>.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy People 2020 topics and objectives: cancer. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2015. Available at <http://www.healthypeople.gov/2020/topics-objectives/topic/cancer/objectives?topicId=5>.
  • Habbema D, De Kok IM, Brown ML. Cervical cancer screening in the United States and the Netherlands: a tale of two countries. Milbank Q 2012;90:5–37.
  • Moss SM, Campbell C, Melia J, et al. Performance measures in three rounds of the English bowel cancer screening pilot. Gut 2012;61:101–7.
  • Levin TR, Jamieson L, Burley DA, Reyes J, Oehrli M, Caldwell C. Organized colorectal cancer screening in integrated health care systems. Epidemiol Rev 2011;33:101–10.
  • Lee JK, Levin TR, Corley DA. The road ahead: what if gastroenterologists were accountable for preventing colorectal cancer? Clin Gastroenterol Hepatol 2013;11:204–7.
  • Fox JB, Sahw FE. Clinical preventive services coverage and the Affordable Care Act. Am J Public Health 2015;105:e7–e10.
  • Patient Protection and Affordable Care Act of 2010. Pub. L. No. 111–48, 124 Stat. 119 (2010).
  • Institute of Medicine. Primary care and public health: exploring integration to improve population health. Washington, DC: The National Academies Press; 2012.
  • Plescia M, Richardson LC, Joseph D. New roles for public health in cancer screening. CA Cancer J Clin 2012;62:217–9.
  • Community Preventive Services Task Force. The guide to community preventive services. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, Community Preventive Services Task Force. Available at <http://www.thecommunityguide.org/index.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ