一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)高校生における自動車運転 ― アメリカ、2013年

MMWR抄訳

rss

2015/04/03Vol. 64 / No. 12

MMWR64(12):313-317
Driving Among High School Students — United States, 2013

高校生における自動車運転 ― アメリカ、2013年

アメリカにおいて、16~19歳の年齢層における自動車事故による死亡者数は2004~2013年に5,724例から2,568例と55%減少している。これは段階的運転免許取得(GDL)プログラムや車の安全性能の向上に加え、経済的な理由により運転免許および自動車の取得年齢が以前より上昇していることと関連していると考えられる。自動車事故リスクは、全ての年齢層において単独運転を開始して1カ月以内が最も高く、10代でも年齢が低いほどリスクが高い。CDCは、16歳以上の高校生における自動車の運転状況について、Youth Risk Behavior Surveyの2013年全国調査および42州と大都市21学区のデータを分析した。その結果、全国で16歳以上の高校生の76.3%が調査1カ月以内に自動車を運転していた。人種/民族別では、白人の83.2%に対し黒人は67.6%、ヒスパニック系は68.9%であった。年齢別では16歳が69.8%、18歳以上では84.2%と年齢に従い上昇した。州別では、ハワイの53.8%からサウスダコタの90.2%まで相違が認められ(中央値80.8%)、中西部および山岳部州において高い傾向にあった。大都市学区では、カリフォルニア州サンフランシスコ市の30.2%からノースカロライナ州シャーロット市の76.0%(中央値57.7%)と幅があった。州平均に比べ大都市圏の高校生の運転率が低い(中央値:80.8% vs 57.7%)理由として、世帯収入、移動距離の短さ、徒歩・自転車・公共交通機関の利用などが考えられた。一方、複数の州および大部分の大都市圏で、運転をしない18歳以上の高校生の20%以上が、将来の運転技能習得について不安があると回答した。GDLプログラムは、10代の免許取得者が安全な環境のもとで運転技能を習得することを目的に、監督者の同乗や深夜の運転の禁止、免許取得後1カ月以内の同乗者の年齢や人数に制限を設けているが、現在はほぼ全ての州で18歳未満を対象としている。今後、特に経済的な理由で免許取得が遅れた10代の若者の安全な運転技能習得のためには、GDLプログラムの対象を20歳まで拡大することも必要であろう。

References

  • McCartt AT, Teoh ER. Tracking progress in teenage driver crash risk in the United States since the advent of graduated driver licensing programs. J Safety Res 2015;53:1–9.
  • Shults RA, Williams AF. Trends in driver licensing status and driving among high school seniors in the United States, 1996–2010. J Safety Res 2013;46:167–70.
  • Mayhew DR, Simpson HM, Pak A. Changes in collision rates among novice drivers during the first months of driving. Accid Anal Prev 2003;35:683–91.
  • Kann L, Kinchen S, Shanklin SL, et al. Youth risk behavior surveillance—United States, 2013. MMWR Surveill Summ 2014;63(Suppl 4):1–168.
  • McDonald N, Trowbridge M. Does the built environment affect when American teens become drivers? Evidence from the 2001 National Household Travel Survey. J Safety Res 2009;40:177–83.
  • AAA Foundation for Traffic Safety. Young driver licensing in New Jersey: Rates and trends, 2006–2011. Washington, DC: AAA Foundation for Traffic Safety; 2014. Available at <https://www.aaafoundation.org/sites/default/files/NJ%20Young%20Driver%20Licensing%20Rates%20FINALFTS.pdf>.
  • Tefft BC, Williams AF, Grabowski JG. Driver licensing and reasons for delaying licensure among young adults ages 18–20, United States, 2012. Injury Epidemiology 2014;1:4.
  • Davis B, Dutzik T, Baxandall P. Transportation and the new generation: Why young people are driving less and what it means for transportation policy. Santa Barbara, CA: Frontier Group; 2012. Available at <http://www.uspirg.org/sites/pirg/files/reports/Transportation%20%26%20the%20New%20Generation%20vUS_0.pdf>.
  • Williams AF, Braitman KA, McCartt AT. Views of parents of teenagers about licensing policies: a national survey. Traffic Inj Prev 2011;12:1–8.
  • Williams AF. Teenagers’ licensing decisions and their views of licensing policies: a national survey. Traffic Inj Prev 2011;12:312–9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ