一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)長期療養施設におけるMycoplasma pneu・・・

MMWR抄訳

rss

2015/03/27Vol. 64 / No. 11

MMWR64(11):296-299
Mycoplasma pneumoniae Outbreak in a Long-Term Care Facility — Nebraska, 2014

長期療養施設におけるMycoplasma pneumoniaeのアウトブレイク ― ネブラスカ州、2014年

2014年6月20日、ネブラスカ州の長期療養施設において、咳と発熱を特徴とする呼吸器疾患のアウトブレイク(2週間以内に22例にて発症、うち4例が死亡)が発生したとの報告がEast Central District Health Department (ECDHD)およびNebraska Department of Health and Human Services (NDHHS)に寄せられた。アウトブレイク発生時、この施設には居住者143名、スタッフ132名が生活しており、6月2日、アルツハイマー病棟の男性が咳と発熱を来し、4日、プライマリケア医を受診、5日よりアモキシシリンが投与されたが、7日に死亡した。この患者は入院はしていない。その後、同じアルツハイマー病棟にて3例が発症し、ECDHDおよびNDHHSに報告した時点では他の病棟に拡大したため、22日、鼻咽頭および口咽頭検体の採取を開始、RT-PCR法によりMycoplasma pneumoniaeが検出された。調査の結果、マイコプラズマ肺炎が疑われる症例および確診例は計55例[居住者:20例、スタッフ:22例、地域の住民:13例、46(2~96)歳、男性13例、女性42例]認められ、10例が入院、7例が死亡した[死亡例:82(70~92)歳、生存例:43(2~96)歳]。6月24日、ECDHDはこの施設を閉鎖し、グループでの活動は中止とし、発症例はそれぞれの部屋にて隔離、面会も中止とし、家族が面会する場合は飛沫感染防護のためガウン、手袋、マスクを着用することとした。さらに入居者に対しアウトブレイクについて説明が行われた。今回はアウトブレイクの認識および病原菌確定の遅れから感染が拡大し、有効な介入が遅延し、施設への入居の再開は9月14日であった。

References

  • Thurman KA, Warner AK, Cowart KC, Benitez AJ, Winchell JM. Detection of Mycoplasma pneumoniae, Chlamydia pneumoniae, and Legionella spp in clinical specimens using a single-tube multiplex real-time PCR assay. Diagn Microbiol Infect Dis 2011;70:1–9.
  • Feldman C. Pneumonia in the elderly. Clin Chest Med 1999;20:563–73.
  • Janssens JP, Krause KH. Pneumonia in the very old. Lancet Infect Dis 2004;4:112–24.
  • Loeb M. Pneumonia in older persons. Clin Infect Dis 2003;37:1335–9.
  • Marrie TJ. Community-acquired pneumonia in the elderly. Clin Infect Dis 2000;31:1066–78.
  • Maruyama T, Gabazza EC, Morser J, et al. Community-acquired pneumonia and nursing home-acquired pneumonia in the very elderly patients. Respir Med 2010;104:584–92.
  • Thibodeau KP, Viera AJ. Atypical pathogens and challenges in community-acquired pneumonia. Am Fam Physician 2004;69:1699–706.
  • El Solh AA. Community-acquired pneumonia. Semin Respir Crit Care Med 2005;26:16–25.
  • Orr PH, Peeling RW, Fast M, et al. Serological study of responses to selected pathogens causing respiratory tract infection in the institutionalized elderly. Clin Infect Dis 1996;23:1240–5.
  • Ma HM, Ip M, Hui E, Chan PK, Hui DS, Woo J. Role of atypical pathogens in nursing home-acquired pneumonia. J Am Med Dir Assoc 2013;14:109–13.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ