一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)慢性閉塞性肺疾患の成人患者における雇用および活動制・・・

MMWR抄訳

rss

2015/03/27Vol. 64 / No. 11

MMWR64(11):289-295
Employment and Activity Limitations Among Adults with Chronic Obstructive Pulmonary Disease — United States, 2013

慢性閉塞性肺疾患の成人患者における雇用および活動制限 ― アメリカ、2013年

慢性閉塞性肺疾患(COPD)の州別発症率およびCOPDによる様々な活動制限について、2013 Behavioral Risk Factor Surveillance Systemデータの分析が行われた。アメリカ(50州、ワシントンDCおよびグアム、プエルトリコ)におけるCOPD罹患率は6.4%(推定患者数:1,570万人)、年齢補正罹患率は6.0%であり、年齢別では18~34歳(2.6%)から年齢に伴い増加し、75歳以上では12.3%、男女別では男性:5.4%、女性:6.6%、人種別ではアジア系:2.0%が最も低く、アメリカインディアン/アラスカ先住民:10.2%、非ヒスパニック系多民族:10.7%にて高かった。また、就労者(3.6%)、高学歴(大卒:4.6%)、既婚者(4.7%)にて低く、喫煙に関しては、現喫煙者におけるCOPD罹患率が14.3%と高く(喫煙歴あり:7.0%、喫煙歴なし:2.8%)、1カ月以内に運動した人では2.8%、していない人で7.0%であった。健康関連の活動制限、歩行または階段の上りの困難、特殊な装置の使用、就労不能はそれぞれ15.1%、18.2%、18.7%、20.4%の症例に認められた。州別罹患率はプエルトリコ:3.6%、ミネソタ/サウスダコタ州:4.0%にて低く、9%以上の州はウェストバージニア州:9.4%、アラバマ州:9.6%、ケンタッキー州:10.3%であった。COPD患者の1/3以上(38%)は現喫煙者であり、就労不能者は24.3%(非COPD:6.7%)、歩行または階段の上りが困難な人は38.4%(非COPD:11.3%)、健康上の問題から特殊な装置を使用している人は22.1%(非COPD:6.7%)であった。COPDと診断された場合は、疾患の進行を遅らせ、運動機能障害を抑制するため、禁煙することが推奨される。

References

  • Heron M. Deaths: leading causes for 2010. Natl Vital Stat Rep 2013;62:1–96.
  • US Burden of Disease Collaborators. The state of US health, 1990-2010: burden of diseases, injuries, and risk factors. JAMA 2013;310:591–608.
  • Lee PN, Fry JS. Systematic review of the evidence relating FEV1 decline to giving up smoking. BMC Med 2010;8:84.
  • Wolinsky FD, Bentler SE, Hockenberry J, et al. Long-term declines in ADLs, IADLs, and mobility among older Medicare beneficiaries. BMC Geriatr 2011;11:43.
  • Ries AL, Bauldoff GS, Carlin BW, et al. Pulmonary rehabilitation: joint ACCP/AACVPR evidence-based clinical practice guidelines. Chest 2007;131(Suppl):4S–42S.
  • Ford ES, Murphy LB, Khavjou O, Giles WH, Holt JB, Croft JB. Total and state-specific medical and absenteeism costs of COPD among adults aged ≥18 years in the United States for 2010 and projections through 2020. Chest 2015;147:31–45.
  • Patel JG, Nagar SP, Dalal AA. Indirect costs in chronic obstructive pulmonary disease: a review of the economic burden on employers and individuals in the United States. Int J Chron Obstruct Pulmon Dis 2014;9:289–300.
  • Thornton Snider J, Romley JA, Wong KS, Zhang J, Eber M, Goldman DP. The Disability burden of COPD. COPD 2012;9:513–21.
  • Cunningham TJ, Ford ES, Rolle IV, Wheaton AG, Croft JB. Associations of self-reported cigarette smoking with chronic obstructive pulmonary disease and co-morbid chronic conditions in the United States. COPD 2014;[Epub ahead of print].
  • Zhang J, Lin XF, Bai CX. Comparison of clinical features between non-smokers with COPD and smokers with COPD: a retrospective observational study. Int J Chron Obstruct Pulmon Dis 2014;9:57–63.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ