一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)注射薬物使用者におけるHIV陽性率およびHIV関連・・・

MMWR抄訳

rss

2015/03/20Vol. 64 / No. 10

MMWR64(10):270-275
HIV Infection and HIV-Associated Behaviors Among Persons Who Inject Drugs — 20 Cities, United States, 2012

注射薬物使用者におけるHIV陽性率およびHIV関連リスク行動 ― アメリカ20都市、2012年

2012年、注射薬物使用者(PWID)におけるHIV陽性率およびHIV関連リスク行動について調査するため、CDCはAIDS有病率の高い20都市においてNational HIV Behavioral Surveillanceのスタッフによるインタビュー調査を実施した。PWID計10,002名が調査に協力し、そのうち11%がHIV陽性であった。陽性率は非ヒスパニック系黒人(16%)が非ヒスパニック系白人(5%)に比して高く、南部地域(13%)が中西部(8%)および西部(7%)地域より高かった。HIV陽性率はヘロインのみの常用者で7%と、ヘロイン以外または複数薬物種使用者の17%に比べ低かった。男性のPWIDのうち、過去12カ月以内に男性間性交渉を行った者の陽性率は27%であった。また、HIV陽性PWIDのうち、63%は陽性を自覚していた。PWID 9,425名の行動分析の結果、過去12カ月以内に30%が注射器を共有、70%が無防備な膣性交、25%が異性間の無防備な肛門性交をし、49%が複数の異性の性交パートナーを有していた。男性PWIDの10%が男性間性交渉を報告、5%が12カ月以内に無防備な男性間性交渉を行っていた。過去12カ月以内に、PWIDの25%がHIVリスク行動教育を、39%が薬物中毒の治療を、51%がHIV検査を受けていた。78%が過去にC型肝炎ウイルス検査を受けていた。2012年のPWIDのHIV陽性率(11%)および陽性自覚率(63%)は2009年(9%および55%)と有意差はなく、リスク行動率も同程度であった。今後、PWIDにおけるHIV感染を低減するために、リスク行動の教育、HIV検査の受診率向上、薬物治療など予防プログラムの努力が必要である。

References

  • CDC. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2012. HIV Surveillance Report, 2012. Vol. 24. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/pdf/statistics_2012_HIV_Surveillance_Report_vol_24.pdf>.
  • Salganik MJ, Heckathorn DD. Sampling and estimation in hidden populations using respondent-driven sampling. Sociol Method 2004;34:193–240.
  • CDC. HIV-associated behaviors among injecting-drug users—23 cities, United States, May 2005–February 2006. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2009;58:329–32.
  • CDC. HIV infection and HIV-associated behaviors among injecting drug users—20 cities, United States, 2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:133–8.
  • Marks G, Crepaz N, Senterfitt JW, Janssen RS. Meta-analysis of high-risk sexual behavior in persons aware and unaware they are infected with HIV in the United States: implications for HIV prevention programs. J Acquir Immune Defic Syndr 2005;39:446–53.
  • Salganik MJ. Variance estimation, design effects, and sample size calculations for respondent-driven sampling. J Urban Health 2006;83:i98–i112.
  • Tempalski B, Pouget ER, Cleland CM, et al. Trends in the population prevalence of people who inject drugs in US metropolitan areas 1992–2007. PLoS ONE 2013;8: e64789.
  • Broz D, Pham H, Spiller MW, et al. Prevalence of HIV infection and risk behaviors among younger and older injecting drug users in the United States, 2009. AIDS Behav 2014;18(Suppl 3):284–96.
  • CDC. Integrated prevention services for HIV infection, viral hepatitis, sexually transmitted diseases, and tuberculosis for persons who use drugs illicitly: summary guidance from CDC and the U.S. Department of Health and Human Services. MMWR Recomm Rep 2012;61(No. RR-5).
  • CDC. Preexposure prophylaxis for the prevention of HIV infection in the United States—2014: a clinical practice guideline. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/pdf/guidelines/PrEPguidelines2014.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ