一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)結核の動向 ― アメリカ、2014年

MMWR抄訳

rss

2015/03/20Vol. 64 / No. 10

MMWR64(10):265-269
Tuberculosis Trends — United States, 2014

結核の動向 ― アメリカ、2014年

50州およびワシントンDCの保健局からCDCへ報告された結核(TB)サーベイランスの暫定データについて概要を報告する。2014年、アメリカにおけるTBの新規症例数は9,412例、罹患率は10万人あたり3.0例となり、前年比2.2%の減少となった。地域別罹患率は10州およびワシントンDCが全国平均より高く、4州(カリフォルニア州、フロリダ州、ニューヨーク州、テキサス州)の症例数は各州500例を超え、合計で4,795例と全体の50.9%を占めた。出生地別では、アメリカ生まれの症例数は3,114例(33.5%)で、前年比6.3%減、2000年比64%減となった。罹患率は10万人あたり1.1と前年比6.8%減、2000年比67.6%減となった。一方、国外生まれは6,181例(66.5%)で症例数は1.5ポイント増加したが、移民の人数も増えているため、罹患率は前年比1.5%減、2000年比42.0%減となった。出生地はメキシコ(20.6%)、フィリピン(12.1%)、ベトナム(8.1%)、インド(7.7%)、中国(6.8%)が多かった。人種/民族別の罹患率は、アジア系が最も高かったが(白人の28.5倍)、10万人あたり17.9と前年の18.6より低下した。黒人、白人でも前年より低下し、ヒスパニック系は同程度であった。アジア系の96%、ヒスパニック系の76%、黒人の42%、白人の23%が国外生まれであった。アメリカ生まれでは黒人(36.4%)の症例が最も多かった。HIV感染者は6.3%であった。15歳以上のTB発症者のうち5.5%が過去1年以内にホームレスを経験、2.2%は診断時に長期療養施設に、4.2%は拘留または矯正施設に入所していた。多剤耐性結核菌の検出率は、2013年に1.3% (7,367例中96例)と、2012年の1.1%と同程度であるが、症例のほとんど(87例、90.6%)が国外生まれであった。以上、近年10年以上にわたり、TB症例数は減少し続けているが、減少率は2014年が最も低くなった。特定の地域、人種/民族、国外生まれにおける罹患率が高いことから、これらの集団に対するサーベイランスとコントロールの強化が必要である。

References

  • CDC. Reported tuberculosis in the United States, 2013. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/tb/statistics/reports/2013/default.htm>.
  • US Census Bureau. Current estimates data. Washington, D.C.: US Census Bureau; 2015. Available at <http://www.census.gov/popest/data/national/totals/2014/index.html>.
  • Dowdle WR; Centers for Disease Control (CDC). A strategic plan for the elimination of tuberculosis in the United States. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 1989;38(Suppl 3):1–25.
  • Advisory Council for the Elimination of Tuberculosis (ACET). Tuberculosis elimination revisited: obstacles, opportunities, and a renewed commitment. MMWR Recomm Rep 1999;48(No. RR-9):1–13.
  • American Thoracic Society. Targeted tuberculin testing and treatment of latent tuberculosis infection. MMWR Recomm Rep 2000;49(RR-6):1–51.
  • Cain KP, Haley CA, Armstrong LR, et al. Tuberculosis among foreign-born persons in the United States. Am J Respir Crit Care Med 2007;175:75–9.
  • Cain KP, Benoit SR, Winston CA, Mac Kenzie WR. Tuberculosis among foreign-born persons in the United States. JAMA 2008;300:405–12.
  • American Thoracic Society. CDC; Infectious Diseases Society of America. Treatment of tuberculosis. MMWR Recomm Rep 2003;52 (No. RR-11):1–77.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ