一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)曝露後予防の機会を逸した破傷風 ― カルフォルニア・・・

MMWR抄訳

rss

2015/03/13Vol. 64 / No. 9

MMWR64(9):243-246
Missed Opportunities for Tetanus Postexposure Prophylaxis — California, January 2008–March 2014

曝露後予防の機会を逸した破傷風 ― カルフォルニア州、2008年1月~2014年3月

アメリカにおける破傷風の発症率は1930~1940年代以降、破傷風トキソイド(TT)を含むワクチンの導入により低下しているが、現在でも散発的に発症が認められている。2008年1月~2014年3月、California Department of Public Healthには21例[男15例、女6例、21~89 (中央値52)歳]報告され、うち5例が死亡している。年間報告数は平均3例(0~5例)であり、年間発症率は100万人あたり0.09(2002~2007年:0.19)であった。年齢別では21~49歳:10例、50~64歳:5例、65歳以上:6例、死亡した5例は20~49歳:2例(致死率:13%)、65歳以上:3例(致死率:50%)であり、人種別発症率(100万人あたり)はヒスパニック系:0.08、非ヒスパニック系白人:0.09、非ヒスパニック系黒人:0.07、アジア/大西洋諸国:0.03であった。21例全例が入院し、19例(90%)はICUに入り、9例に人工呼吸器が装着された。入院期間は18(2~65)日間、総入院費は166,259(22,229~1,024,672)ドルであった。リスク因子は糖尿病:4例、静注ドラッグ使用:3例であった。TT接種歴は12例にて報告され、9例が1回以上接種を受けていた。発症前に16例が急性損傷(刺し傷:7例、すり傷:4例、裂傷:3例、開放骨折:1例、動物による咬み傷:1例)を負っており、うち9例が医療機関を受診した。受診した症例中、Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)が推奨する曝露後予防(PEP)を受けたのは2例のみであった。PEPを受けなかった7例のうち5例は刺し傷または損傷部汚染があり、TT接種歴不明であったため、TT接種および破傷風免疫グロブリン(TIG)治療の両方を行うべきであった。破傷風と診断された後、21例全例がTIGにて治療され、診断から治療開始までの期間は1日以内:6例(うち死亡1例)、4日以内:8例(うち死亡2例)、9日以内:6例(うち死亡2例)、2週間以上:1例であった。また、TIG投与量は5例にて推奨投与量(3,000~6,000 U)を下回っていた。破傷風は発症率の低い疾患ではあるが、TT接種歴を確認の上、傷の治療とともに適切なワクチン接種を行うべきである。

References

  • CDC. Tetanus surveillance—United States, 2001–2008. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:365–9.
  • CDC. Preventing tetanus, diphtheria, and pertussis among adults: use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid and acellular pertussis vaccine (Tdap). Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) and recommendations of ACIP, supported by the Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee (HICPAC), for use of Tdap among health-care personnel. MMWR Recomm Rep 2006;55(No. RR-17).
  • CDC. Updated recommendations for use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid, and acellular pertussis (Tdap) vaccine in adults aged 65 years and older—Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:468–70.
  • American Academy of Pediatrics. Tetanus. In: Pickering LK, Baker CJ, Kimberlin DW, Long SS, eds. Red Book: 2012 Report of the Committee on Infectious Diseases. Elk Grove Village, IL: American Academy of Pediatrics; 2012:707–12
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among children aged 19–35 months—United States, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:733–40.
  • CDC. National and state vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—United States, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:685–93.
  • Williams WW, Lu P-J, O’Halloran A, et al. Noninfluenza vaccination coverage among adults—United States, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:95–102.
  • Pascual FB, McGinley EL, Zanardi LR, Cortese MM, Murphy TV. Tetanus surveillance—United States, 1998–2000. MMWR Surveill Summ 2003:52(No. SS-3).
  • Rhee P, Nunley MK, Demetriades D, et al. Tetanus and trauma: a review and recommendations. J Trauma 2005;58:1082–8.
  • McVicar J. Should we test for tetanus immunity in all emergency department patients with wounds? Emerg Med J 2013;30:177–9.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ