一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)浸潤がんの発症率と生存率 ― アメリカ、2011年

MMWR抄訳

rss

2015/03/13Vol. 64 / No. 9

MMWR64(9):237-242
Invasive Cancer Incidence and Survival — United States, 2011

浸潤がんの発症率と生存率 ― アメリカ、2011年

Healthy People 2020では、がん診断後の5年生存率を71.7%、大腸がんの発症率を10万人あたり41.6、末期乳がん、子宮頸がんの発症率をそれぞれ女性10万人あたり38.9、7.5に減らすことを目標としている。CDCは2011年のU.S. Cancer Statistics (USCS)データよりこの目標達成状況について分析した。USCSにはCDCのNational Program of Cancer Registries (NPCR)および国立がん研究所(NCI)の Surveillance, Epidemiology, and End Results (SEER)プログラムの発症率および生存率データとNational Vital Statistics Systemの死亡率データが含まれる。2011年において、ネバダ州を除くアメリカ国内で浸潤がんと診断され、central cancer registriesに報告された症例は計1,532,066例(男性786,102例、女性745,964例)であり、年齢補正年間発症率は10万人あたり451(男性508、女性410)、年齢別では20歳未満:17.9、20~49歳:154.3、50~64歳:816.1、65~74歳:1,840.0、75歳以上:2,223.2であった。がん種別では前立腺がんが最も高く(男性10万人あたり128.3)、女性の乳がん(10万人あたり122.0)、肺がん(10万人あたり61.0)、大腸がん(10万人あたり39.9)と続き、症例数は前立腺がん:209,292例、女性乳がん:220,097例、肺がん:207,339例、大腸がん:135,260例であった。子宮頸がんは女性10万人あたり7.5、12,109例であった。州別の発症率は全部位で10万人あたり373.8~509.3、前立腺がん:78.6~195.0、女性乳がん:105.9~153.1、肺がん:29.3~93.1、大腸がん:32.5~48.9、子宮頸がん:4.5~13.7であり、Healthy People 2020の目標に達した州は大腸がん:37州、子宮頸がん:28州であった。また、2003~2011年におけるがん患者の5年生存率は65%(前立腺がん:97%、女性乳がん:88%、子宮頸がん:68%、大腸がん:63%、肺がん:18%)であった。

References

  • de Moor JS, Mariotto AB, Parry C, et al. Cancer survivors in the United States: prevalence across the survivorship trajectory and implications for care. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2013;22:561–70.
  • US Department of Health and Human Services. Healthy People 2020. Available at <http://www.healthypeople.gov/2020/topicsobjectives2020/default.aspx>.
  • US Cancer Statistics Working Group. United States Cancer Statistics: 1999–2011 incidence and mortality web-based report. Available at <http://www.cdc.gov/uscs>.
  • Wilson RJ, Ryerson AB, Zhang K, Dong X. Relative survival analysis using the Centers for Disease Control and Prevention National Program of Cancer Registries surveillance system data 2000–2007. J Registry Manag 2014;41:72–6.
  • Hewitt M, Greenfield S, Stovall E, eds. From cancer patient to cancer survivor: lost in transition. Washington, DC: The National Academies Press; 2005.
  • Livestrong Foundation, CDC. A national action plan for cancer survivorship: advancing public health strategies. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, Centers for Disease Control and Prevention; 2004. Available at <http://www.cdc.gov/cancer/survivorship/pdf/plan.pdf>.
  • Vermont Cancer Registry. Using melanoma incidence data to design sun protection interventions, 2013. Available at <http://www.ncra-usa.org/files/public/CDC-NPCR-VERMONT.pdf>.
  • Colorado Department of Public Health and Environment. Colorado survivorship care planning program. Available at <https://www.colorado.gov/cdphe/Survivorship>.
  • Meyer AM, Olshan AF, Green L, et al. Big data for population-based cancer research: the Integrated Cancer Information and Surveillance System. N C Med J 2014;75:265–8.
  • Clegg LX, Feuer EJ, Midthune DN, et al. Impact of reporting delay and reporting error on cancer incidence rates and trends. J Natl Cancer Inst 2002;94:1537–45.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ