一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)バイタルサイン:長距離トラック運転手におけるシート・・・

MMWR抄訳

rss

2015/03/06Vol. 64 / No. 8

MMWR64(8):217-221
Vital Signs: Seat Belt Use Among Long-Haul Truck Drivers — United States, 2010

バイタルサイン:長距離トラック運転手におけるシートベルトの使用 ― アメリカ、2010年

2012年のアメリカでは、すべての業務上の死亡のうち自動車事故は25%を占め、このうち46%はトラック運転手であった。大型トラック運転手の大半が長距離トラック運転手(LHTD)であり、2012年では大型トラック乗員の697名が死亡および26,000名が負傷したが、死亡したトラック運転手の35%以上がシートベルトを着用していなかった。このため、LHTD間のシートベルト着用率および未着用に関連する因子について調査した。CDCは、2010年に32カ所のトラックスポットでLHTDの行動特性およびリスクファクターについて全国的な面接調査を実施した。参加者1,670例のうち、面接調査を完遂したのは1,265例であった。自己申告のデータは、LHTD事故、人口統計学的データ、勤務状況、その他のリスクファクターについて収集した。シートベルト未着用とリスクファクター間の関連をロジスティック回帰分析により評価した。調査に参加したLHTDの平均年齢は47.8歳、大半が男性(93.5%)で、白人:73.5%、黒人またはアフリカ系アメリカ人:17.1%であった。LHTDにおいて、シートベルトを着用する割合は、仕事中に頻繁に着用:86.1%、時々着用:7.8%、常に未着用:6.0%であった。LHTDとしての勤続年数は平均16.4年、過去7日間の平均勤務時間は60.4時間で、このうち運転時間は46.2時間であった。過去12カ月の平均運転距離は107,700マイルで、推定で34.9%のLHTDで勤務中に1回以上の事故に関与した。常にシートベルト未着用は、頻繁に制限速度を超える10mph(16kph)以上の走行、文書による安全プログラムのない会社に勤務、先行する12カ月間に走行中の交通違反により2回以上の違反切符の受け取り、第1級シートベルト法のない州に居住、女性と関連した。安全プログラムおよびその他のマネージメントの介入、技術および設計の変更、第1級シートベルト法は、LHTD間のシートベルト着用率を向上させる可能性がある。

References

  • Federal Motor Carrier Safety Administration. Large truck and bus crash facts 2012. Washington, DC: US Department of Transportation, Federal Motor Carrier Safety Administration; 2014. Available at <http://www.fmcsa.dot.gov/safety/data-and-statistics/large-truck-and-bus-crash-facts-2012-pdf>.
  • Insurance Institute for Highway Safety. Fatality facts—large trucks 2012. Arlington, VA: Insurance Institute for Highway Safety; 2014. Available at <http://www.iihs.org/iihs/topics/t/large-trucks/fatalityfacts/large-trucks>.
  • Sieber WK, Robinson CF, Birdsey J, et al. Obesity and other risk factors: the national survey of U.S. long-haul truck driver health and injury. Am J Ind Med 2014;57:615–26.
  • National Highway Traffic Safety Administration. Lives saved in 2012 by restraint use and minimum drinking age laws. Washington, DC: US Department of Transportation, National Highway Traffic Safety Administration; 2013. Available at <http://www-nrd.nhtsa.dot.gov/pubs/811851.pdf>.
  • Bahouth G, Langston E, McKnight AJ, Zaloshjna E, Robin J, Kumer J. Safety belt countermeasures study final report. Washington, DC: US Department of Transportation, Federal Motor Carrier Safety Administration; 2007. Available at <http://ntl.bts.gov/lib/51000/51300/51347/Safety-Belt-Technology-Countermeasures- Study-Final-Report-Dec2007.pdf>.
  • Federal Motor Carrier Safety Administration. Commercial motor vehicle safety belt use in 2013—overall results. Washington, DC: US Department of Transportation, Federal Motor Carrier Safety Administration; 2014. Available at <http://www.fmcsa.dot.gov/sites/fmcsa.dot.gov/files/docs/Safety_Belt%20Factsheet_508.pdf>.
  • CDC. Vital Signs: Nonfatal, motor vehicle–occupant injuries (2009) and seat belt use (2008) among adults—United States. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;59:1681–6.
  • Federal Motor Carrier Safety Administration. Increasing safety belt use in your company. Washington, DC: US Department of Transportation, Federal Motor Carrier Safety Administration; 2006. Available at <http://www.fmcsa.dot.gov/sites/fmcsa.dot.gov/files/docs/increasing-safetybelt-usage-manual.pdf>.
  • Gregersen NP, Brehmer B, Morén B. Road safety improvement in large companies. An experimental comparison of different measures. Accid Anal Prev 1996;28:297–306.
  • Mooren L, Grzebieta R, Williamson A, Olivier J, Friswell R. Safety management for heavy vehicle transport: a review of the literature. Saf Sci 2014;62:79–89.
  • Bergoffen G, Knipling RR, Tidwell SA, et al. Commercial motor vehicle driver safety belt usage. Washington, DC: Transportation Research Board; 2005. Available at <http://onlinepubs.trb.org/onlinepubs/ctbssp/ctbssp_syn_8.pdf>.
  • Guan JH, Hsiao H, Bradtmiller B, et al. U.S. truck driver anthropometric study and multivariate anthropometric models for cab designs. Hum Factors 2012;54:849–71.
  • Bunn TL, Slavova S, Struttmann TW, Browning SR. Sleepiness/fatigue and distraction/inattention as factors for fatal versus nonfatal commercial motor vehicle driver injuries. Accid Anal Prev 2005;37:862–9.
  • Federal Motor Carrier Safety Administration. Pocket guide to large truck and bus statistics. Table 4-22. Washington, DC: US Department of Transportation, Federal Motor Carrier Safety Administration; 2014. Available at <http://www.trb.org/main/blurbs/171674.aspx>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ