一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)10~24歳の年齢層における自殺の傾向 ― アメリ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/03/06Vol. 64 / No. 8

MMWR64(8):201-205
Suicide Trends Among Persons Aged 10–24 Years — United States, 1994–2012

10~24歳の年齢層における自殺の傾向 ― アメリカ、1994~2012年

アメリカにおいて自殺は10~24歳の若者における死因の第2位であり、2012年には5,178名が自殺にて死亡した。主な自殺方法は銃器、縊頸/窒息、薬物過剰摂取/服毒で、方法の選択と年齢には相関があり、若年層における縊頸/窒息による自殺の増加が報告されている。CDCは、National Vital Statistics Systemの死亡率データから、10~24歳における自殺の最近の傾向について分析した。1994および2012年の年齢補正後10万人あたり自殺率は、男性がそれぞれ15.7および11.9、女性が2.7および3.2と、期間を通じ男性は有意に減少、女性では増加傾向が認められた。10~24歳における銃器による自殺は、1994~2012年に男性が10万人あたり10.9から5.9へ有意に減少(年平均変化率にして3.4%減)、女性が1.5から0.8へ(3.6%減)それぞれ減少した。サブグループ別では、15~19歳の年齢層(4.2%減)、アジア/太平洋諸島系人種(6.9%減)、西部地域居住者(4.4%減)において減少率が最も大きかった。一方、縊頸/窒息による自殺は、1994~2012年に男性が10万人あたり3.0から4.5へ(2.2%増)、女性が0.5から1.7へ(6.7%増)、男女ともに有意に増加し、また、全ての年齢層、人種/民族、地域において有意に増加した。2001年には、女性において銃器による自殺数を上回った。サブグループ別では、15~19歳の年齢層(3.3%増)、アメリカインディアン/アラスカ原住民(4.9%増)、中西部居住者(3.9%増)において最も増加率が高かった。以上の結果より、若年層の自殺において縊頸/窒息の増加が顕著であり、この傾向の認識と自殺行動の早期予防、効果的な介入の必要性が明らかとなった。

References

  • CDC. Web-Based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars/index.html>.
  • CDC. Suicide among adults aged 35–64 years—United States, 1999–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:321–5.
  • Baker SP, Hu G, Wilcox HC, Baker TD. Increase in suicide by hanging/suffocation in the U.S., 2000–2010. Am J Prev Med 2013;44:146–9.
  • CDC. Suicide trends among youths and young adults aged 10–24 years—United States, 1990–2004. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2007;56:905–8.
  • Bridge JA, Greenhouse JB, Sheftall AH, Fabio A, Campo JV, Kelleher KJ. Changes in suicide rates by hanging and/or suffocation and firearms among young persons aged 10–24 years in the United States: 1992–2006. J Adolesc Health 2010;46:503–5.
  • Biddle L, Donovan J, Owen-Smith A, et al. Factors influencing the decision to use hanging as a method of suicide: a qualitative study. Br J Psychiatry 2010;197:320–5.
  • Breiding MJ, Wiersema B. Variability of undetermined manner of death classification in the US. Inj Prev 2006;12(Suppl 2):ii49–54.
  • Pfeffer CR. Diagnosis of childhood and adolescent suicidal behavior: unmet needs for suicide prevention. Biol Psychiatry 2001;49:1055–61.
  • CDC. National Youth Risk Behavior Survey, 2013. Available at <http://nccd.cdc.gov/youthonline/App/QuestionsOrLocations.aspx?CategoryId=C1>.
  • US Department of Health and Human Services. Office of the Surgeon General and National Action Alliance for Suicide Prevention. 2012 National strategy for suicide prevention: goals and objectives for action. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2012.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ