一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)僻村におけるエボラ伝播抑制のための迅速介入 ― バ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/02/27Vol. 64 / No. 7

MMWR64(7):175-178
Rapid Intervention to Reduce Ebola Transmission in a Remote Village — Gbarpolu County, Liberia, 2014

僻村におけるエボラ伝播抑制のための迅速介入 ― バルポル郡、リベリア、2014年

リベリアのバルポル郡では2014年9月14日の時点ではエボラウイルス病(Ebola)の発症はなかったが、10月25日、Liberian Ministry of Health and Social Welfare (MOHSW)の地方保健局であるBong County Health Teamに人口約800人の僻村(Geleyansiesu、ボン郡に隣接するバルポル郡南東部)からボン郡のEbola治療施設(ETU)に搬送された男性がEbolaを発症したとの報告があった。この男性の娘(10歳)および妻(37歳)はGeleyansiesuにてEbolaとみられる疾患により死亡しており、男性は10月24日より発熱、嘔吐、下痢を発症、25日にボン郡ETUに搬送され、11月12日に回復し退院した。Geleyansiesuへのアクセスはカヌーと数時間の徒歩のみである。10月30日、MOHSW、バルポル郡、ボン郡、CDCおよび他の国際協力機関による調査が開始され、9月18日~11月6日にてEbolaは計22例(確診例:18例、可能性例:2例、疑い例:2例)確認され、罹患率は1,000人あたり28であり、うち16例が死亡している(致死率:73%)。症例の年齢中央値は34歳(6例が18歳未満)、男性は13例(59%)であった。22例中15例がETUまたは地域の治療センターに入院、発症から入院までの期間は平均3.4(2~8)日間であった。10月30日以降の発症例はなく、12月20日にアウトブレイクの終息が宣言された。陸路や遠距離通信手段のない僻村でのアウトブレイクに対しては、各村の状況に応じて、1) Ebolaのウイルス伝播経路、徴候、症状、症例の隔離の重要性に関する教育、2) 症例を最寄りのETUへ安全に搬送する方法の確立、3)症例調査、接触追跡、接触者のモニタリング、4)衛生的な遺体の埋葬、5)症例の早期発見と診断、6)ETUへの搬送を拒否または搬送できない症例の隔離と非接触治療などの介入が行われ、これらの介入によりアウトブレイクの期間の短縮が可能となると考えられている。

References

  • World Health Organization Ebola Response Team. Ebola virus disease in West Africa—the first 9 months of the epidemic and forward projections. N Engl J Med 2014;371:1481–95.
  • Nyenswah T, Fahnbulleh M, Massaquoi M, et al. Ebola epidemic—Liberia, March–October 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1082–6.
  • Reaves EJ, Mabande LG, Thoroughman DA, Arwady MA, Montgomery JM. Control of Ebola virus disease—Firestone District, Liberia, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:959–65.
  • Logan G, Vora NM, Nyensuah TG, et al. Establishment of a community care center for isolation and management of Ebola patients—Bomi County, Liberia, October 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014; 63:1010–2.
  • Summers A, Nyenswah TG, Montgomery JM, Neatherlin J, Tappero JW. Challenges in responding to the Ebola epidemic—four rural counties, Liberia, August–November 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1202–4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ