一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)CDC Grand Rounds:若者の暴力の阻止

MMWR抄訳

rss

2015/02/27Vol. 64 / No. 7

MMWR64(7):171-174
CDC Grand Rounds: Preventing Youth Violence

CDC Grand Rounds:若者の暴力の阻止

アメリカでは2013年、10~24歳の若者4,481人(10万人あたり6.9)が殺人により死亡しており、外傷、自殺に次いで3番目に多い。男女別では男性:11.7、女性:2.0と男性にて約6倍多く、人種別では非ラテン系白人:2.1に比べ非ラテン系黒人:27.6(約13倍)、ラテン系:6.3(約3倍)にて多かった。また、暴力により負傷した若者は死亡した若者の約100倍であり、547,260人が暴行による非致死性外傷により救急外来を受診した(10万人あたり847)。CDCの2013 Youth Risk Behavior Surveyによると、昨年、約1/4の高校生が少なくとも1回以上、身体的ケンカをしており、17.9%が過去30日以内に学校へ武器(銃、ナイフ、こん棒)を持って行ったと報告している。また、昨年学校でいじめを受けた高校生は19.6%であり、6.9%は校内で武器により脅されたまたは傷つけられており、7.1%が学校または通学路での危険を感じ、登校しなかった。これら若者による殺人、非致死性の暴力による負傷による医療費と生産性損失は195億ドルと推定されている。若者の暴力は阻止することが可能であり、一般的に暴力に対する考え方や感情を変え、暴力を避けるスキルを養い、非暴力的に解決することを目的とする学校をベースとするプログラムが広く行われている。また、両親や家族に対するプログラムや地域レベルでの活動も進められており、CDCのStriving to Prevent Youth Violence Everywhere(STRYVE)は地域の力を増強し、様々な対策を共同して行っている。また、個人、関係者および地域レベルでの危険因子に対する包括的な予防プログラムであるCDCのYouth Violence prevention Centers(YVPCs)により、シカゴでは2010~2013年に殺人が50%減少したと報告されている。暴力の阻止により罹病率や外傷による死亡率が低下し、アルコールや物質中毒、肥満、慢性疾患などの健康に関する問題のリスクも低下すると考えられる。また、裁判や教育にかかる費用が削減されるため、公衆衛生の専門家による包括的な暴力対策の重要性が示唆される。

References

  • CDC. Web-based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC. Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars/index.html>.
  • CDC. Youth online: high school YRBS. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://nccd.cdc.gov/YouthOnline/App/Default.aspx>.
  • Arseneault L, Walsh E, Trzeniewski K, Newcombe R, Caspi A. Bullying victimization uniquely contributes to adjustment problems in young children: a nationally representative cohort study. Pediatrics 2006;118:130–8.
  • Finkelhor D, Turner H, Ormrod R. Kid’s stuff: the nature and impact of peer and sibling violence on younger and older children. Child Abuse Negl 2006;30:1401–21.
  • Menard S. Short- and long-term consequences of adolescent victimization. Washington, DC: US Department of Justice, Office of Justice Programs, Office of Juvenile Justice and Delinquency Prevention; 2002.
  • Mercy J, Butchart A, Farrington D, Cerdá M. Youth violence. In: Krug EG, Dahlberg LL, Mercy JA, Zwi AB, Lozano R, eds. World report on violence and health. Geneva, Switzerland: World Health Organization;2002:25–56.
  • CDC. Injury prevention and control: youth violence: national centers for excellence in youth violence prevention. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/violenceprevention/ace/index.html>.
  • David-Ferdon C, Simon TR. Preventing youth violence: opportunities for action. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014.
  • Community Preventive Services Task Force. Community guide: violence prevention. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014 Available at <http://www.thecommunityguide.org/violence/index.html>.
  • Washington State Institute for Public Policy. Cost-benefits results. Olympia, WA: Washington State Institute for Public Policy. Available at <http://www.wsipp.wa.gov/BenefitCost>.
  • MacDonald J, Golinelli D, Stokes RJ, Bluthenthal R. The effect of business improvement districts on the incidence of violent crimes. Inj Prev 2010;16:327–32.
  • CDC. Striving to reduce youth violence everywhere online. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://vetoviolence.cdc.gov/apps/stryve/>.
  • Office of Justice Programs. Model programs guide. Washington, DC: Office of Justice Programs; 2014. Available at <http://www.ojjdp.gov/mpg>.
  • Spivak H, Gorman-Smith D, Savannah S, Listenbee RL. CDC public health grand rounds: preventing youth violence; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/cdcgrandrounds/archives/2014/february2014.htm>.
  • National Forum on Youth Violence Prevention. Interagency Working Group on Youth Programs. Available at <http://www.findyouthinfo.gov/collaboration-profiles/national-forum-youth-violence-prevention>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ