一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)外科手術によるC型肝炎ウイルスの感染 ― ニュージ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/02/27Vol. 64 / No. 7

MMWR64(7):165-170
Transmission of Hepatitis C Virus Associated with Surgical Procedures — New Jersey 2010 and Wisconsin 2011

外科手術によるC型肝炎ウイルスの感染 ― ニュージャージー州2010年、ウイスコンシン州2011年

2010~2011年にニュージャージー州およびウイスコンシン州で発生した外科手術によるC型肝炎ウイルス(HCV)感染について報告する。2010年3月9日、女性医療従事者(患者A)が勤務先の施設で子宮拡張および掻爬術を受けた。4月14日、黄疸、食欲不振および腹部不快感のため同施設を受診、検査の結果、HCV陽性と診断された。血清ALTは手術前の3月3日の検査では正常値(正常範囲:7~40 IU/L)であったが、検査時は1,681 IU/Lに上昇していた。5月6日、New Jersey Department of Healthにより感染経路の調査が行われ、同じ日に手術を受けたHCV患者(患者B)と遺伝子型(1型)および遺伝的関連性が一致し、患者Bが感染源であることが示唆された。執刀医、処置、手術室、手術器具は全て異なっていたが、麻酔医が同じであり、この麻酔医は患者Bの手術終了後、直ちに患者Aの手術で処置を行っていた。使用された共通の薬剤はプロポフォールのみであったが、針、シリンジおよび単回投与用バイアルは再利用しておらず、感染経路は判明していない。なお、この麻酔医が2005~2010年に処置した80例にHCV感染例の報告はないが、現在、全例に検査を推奨している。ウイスコンシン州では2011年6月1日、Wisconsin Division of Public HealthにHCV遺伝子型4(HCV-4)感染例が報告された。この患者(患者1)は2型糖尿病、高血圧および慢性腎疾患(2009年3月28日に病院Aにて片側腎移植、その前約1年間透析歴あり)の既往のある成人男性であり、移植前後のHCV検査(2008年10月、2009年5月、2010年4月)は陰性、2011年5月4日の検査で陽性となった。ドナーはHCV陰性であったが、もう片方の腎臓と肝臓が移植された患者(患者2)が慢性HCV-4感染例であり、遺伝子配列が100%一致した。患者1と患者2の移植術は同じ日に隣り合う手術室で行われており、感染源は患者2と推測された。2つの腎臓は患者2の手術室で同じ灌流装置に接続され、うち1つが洗浄または消毒することなく患者1の手術室へ運ばれ、移植された。これら2例の感染経路は特定されていないが、手術スタッフがウイルスに汚染したアイテムを移動させていたことが感染源であると推測され、手術によるHCV感染のリスクが示唆された。

References

  • Williams IT, Perz JF, Bell BP. Viral hepatitis transmission in ambulatory health care settings. Clin Infect Dis 2004;38:1592–8.
  • Perz JF, Grytdal S, Beck S, et al. Case-control study of hepatitis B and hepatitis C in older adults: do healthcare exposures contribute to burden of new infections? Hepatology 2013;57:917–24.
  • Holmberg SD. Molecular epidemiology of health care-associated transmission of hepatitis B and C viruses. Clin Liver Dis 2010;14:37–48;vii-viii.
  • Cody SH, Nainan OV, Garfein RS, et al. Hepatitis C virus transmission from an anesthesiologist to a patient. Arch Intern Med 2002;162:345–50.
  • Thompson ND, Hellinger WC, Kay RS, et al. Healthcare-associated hepatitis C virus transmission among patients in an abdominal organ transplant center. Transpl Infect Dis 2009;11:324–9.
  • Simmonds P, Holmes EC, Cha TA, et al. Classification of hepatitis C virus into six major genotypes and a series of subtypes by phylogenetic analysis of the NS-5 region. J Gen Virol 1993;74:2391–9.
  • Ramachandran S, Xia G, Ganova-Raeva LM, Nainan OV, Khudyakov Y. End-point limiting-dilution real-time PCR assay for evaluation of hepatitis C virus quasispecies in serum: performance under optimal and suboptimal conditions. J Virol Methods 2008;151:217–24.
  • Manos MM, Shvachko VA, Murphy RC, Arduino JM, Shire NJ. Distribution of hepatitis C virus genotypes in a diverse US integrated health care population. J Med Virol 2012;84:1744–50.
  • CDC. Guidelines for laboratory testing and result reporting of antibody to hepatitis C virus. MMWR Recomm Rep 2003;52(No. RR-03).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ