一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)アメリカでのエボラ小集団の調査中におけるエボラ患者・・・

MMWR抄訳

rss

2015/02/13Vol. 64 / No. 5

MMWR64(5):121-123
Addressing Needs of Contacts of Ebola Patients During an Investigation of an Ebola Cluster in the United States — Dallas, Texas, 2014

アメリカでのエボラ小集団の調査中におけるエボラ患者との接触に対する対処の必要性 ― テキサス州ダラス、2014年

アメリカでは2014年9月30日に初のエボラウイルス病(Ebola)患者が確認され、その患者をケアした医療従事者2名がその後、Ebolaを発症した。これを受けて地方、州および連邦衛生局はさらなるEbola輸入例を予防するため、Ebola患者と接触した人々を識別、監視する対策を開始し、これまで計179名(前出の医療従事者2名を含む)が対象となった。内訳は医療従事者:149例、地域での接触例:20例、初症例が搬送された救急車が清掃、消毒される前にその救急車で搬送された患者:10名であり、地域および救急車での接触例には学童期の小児(8例)、非英語圏(3例、スペイン人、アルメニア人、ネパール人)、慢性内科疾患合併(2例)、ホームレス(1例)が含まれていた。接触追跡は1日2回、少なくとも6時間空けて症状と体温を電話と面談(各1回)にてチェックするものであり、地域での接触例(5例)と救急車での接触例(2例)は法的管理下にて隔離され、少なくとも20名の医療従事者が自主的に隔離した。また、医療従事者68名が移動制限となり、食料品店やレストラン等の公共集合施設、民間の交通手段での旅行が禁じられた。社会的隔離措置となった接触例は食料、おむつ、医薬品、処方箋薬のリフィルなどの入手が困難となり、勤労者は出社できず、さらに地域での接触例の家族は写真や氏名、住所がメディアで公表された後、地域の人々からの非難を受け、外出できなくなるなどの問題が発生し、学童期の小児は学校および保育園を21日の観察期間中は休みとなった。これら接触例の3/4以上がストレス、社会的隔離または非難を受けたと報告し、自分や家族が発症する不安を訴えたことから、これらをサポートする体制を整える必要性が示唆された。

References

  • Chevalier MS, Chung W, Smith J, et al. Ebola virus disease cluster in the United States—Dallas County, Texas, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1087–8.
  • US Department of Health and Human Services. At-risk individuals. Available at <http://www.phe.gov/preparedness/planning/abc/pages/at-risk.aspx>.
  • CDC. Interim U.S. guidance for monitoring and movement of persons with potential Ebola virus exposure. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/exposure/monitoring-and-movement-of-persons-with-exposure.html>.
  • Santibañez S, Siegel V, O’Sullivan M, Lacson R, Jorstad C. Health communications and community mobilization during an Ebola response: partnerships with community and faith-based organizations. Public Health Rep 2015 [Epub ahead of print]. Available at <http://www.publichealthreports.org/documents/phr130-2_508_santibanez.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ