一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)成人におけるインフルエンザ以外の予防接種率 ― ア・・・

MMWR抄訳

rss

2015/02/06Vol. 64 / No. 4

MMWR64(4):95-102
Vaccination Coverage Among Adults, Excluding Influenza Vaccination — United States, 2013

成人におけるインフルエンザ以外の予防接種率 ― アメリカ、2013年

予防接種により予防可能な疾患およびその後遺症を防ぐために、予防接種は生涯にわたり推奨されているが、成人の大半の日常的に推奨されている予防接種率は低下したままでHealthy People 2020の目標を下回っている。2014年10月にAdvisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は2015年の成人の予防接種スケジュールを承認し、すべての成人に毎年推奨されるインフルエンザの予防接種を除き、その他の予防接種は年齢、健康状態、行動危険因子(例、注射薬の使用)、職業、旅行、その他の適応に基づいた特定の集団に対して推奨されている。19歳以上の成人における予防接種率を調査するために、CDCは2013年のNational Health Interview Survey(NHIS)からのデータを分析した。今回の報告では、選択された特性(年齢、人種/民族、予防接種適応)による肺炎球菌、破傷風[破傷風およびジフテリアワクチン(Td)、破傷風・ジフテリア・無細胞百日咳ワクチン(Tdap)]、A型肝炎、B型肝炎、帯状疱疹、ヒトパピローマウイルス(HPV)の予防接種に焦点を絞った。高リスクの16~64歳の成人の肺炎球菌[23価肺炎球菌ポリサッカライドワクチン(PPSV23)および13価肺炎球菌結合型ワクチン(PCV13)]の全体の予防接種率(21.2%)は2012年の推定値と同等で、白人間でヒスパニック系およびアジア人よりも多かったが、黒人およびその他の人種とは同等であった。65歳以上の全体の肺炎球菌予防接種率(59.7%)は2012年と同等で、白人間で黒人、ヒスパニック系、アジア人よりも多かった。2013年において、破傷風ワクチン接種を過去10年間に受けた成人の割合は、19~49歳、50~64歳、65歳以上で各62.9%、64.0%、56.4%で2012年と同等であった。19歳以上の成人間ではTdapの接種率(17.2%)は2012年よりも2.9ポイント上昇し、白人および1歳未満の乳児と同居している人で他のグループよりも多かった。2012年と比べ、2013年のA型肝炎(2回以上)の全体の予防接種率(9.0%)は同等であったが、B型肝炎(3回以上)の全体の予防接種率(25.0%)は2012 年よりも2.1ポイント減少した。A型およびB型肝炎の予防接種率は、高度および中等度の地方的流行のある地域へ渡航したグループで他のグループよりも多かった。2013年の60歳以上の帯状疱疹の予防接種率(24.2%)は2012年(20.1%)よりも上昇し、白人の60歳以上で黒人およびヒスパニック系よりも上昇した。2013年の19~26歳の女性のHPV予防接種率(1回以上)は36.9%(19~21歳:44.7%、22~26歳:32.4%)で2012年と同等で、白人で他の人種よりも多かった。一方、2013年の19~26歳の男性のHPV予防接種率(5.9%)は、2012年よりも3.6ポイント上昇した。成人の予防接種率および人種/民族間の接種率の格差を改善するために、医療提供者はあらゆる受診の機会にワクチンの必要性の評価、推奨、提供を組み込む必要がある。

References

  • Williams WW, Lu P-J, O’Halloran A, et al. Noninfluenza vaccination coverage among adults—United States, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:95–102.
  • Kim DK, Bridges CB, Harriman KH. Advisory Committee on Immunization Practices recommended immunization schedule for adults aged 19 years or older: United States, 2015. Ann Intern Med 2015;162:214–23.
  • CDC. Flu vaccination coverage, United States, 2013–14 influenza season. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/flu/fluvaxview/coverage-1314estimates.htm>.
  • Community Preventive Services Task Force. The guide to community preventive services. Increasing appropriate vaccination: universally recommended vaccinations. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. Available at <http://www.thecommunityguide.org/vaccines/index.html>.
  • National Vaccine Advisory Committee. Recommendations from the National Vaccine Advisory Committee: standards for adult immunization practice. Public Health Rep 2014;129:115–23.
  • CDC. Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) recommendations. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/pubs/acip-list.htm>.
  • Elam-Evans LD, Yankey D, Jeyarajah J, et al. National, regional, state, and selected local area vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:625–33.
  • Burger EA, Sy S, Nygard M, Kristiansen, Kim JJ. Too late to vaccinate? The incremental benefits and cost-effectiveness of a delayed catch-up program using the 4-valent human papillomavirus vaccine in Norway. J Infect Dis 2015;211:206–15.
  • Chesson HW, Markowitz LE. The cost-effectiveness of human papillomavirus vaccine catch-up programs for women. J Infect Dis 2015;211:172–4.
  • Rolnick SJ, Parker ED, Nordin JD, et al. Self-report compared to electronic medical record across eight adult vaccines: do results vary by demographic factors? Vaccine 2013;31:3928–35.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ