一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)黒人およびアフリカ系アメリカ人に対するHIV検査お・・・

MMWR抄訳

rss

2015/02/06Vol. 64 / No. 4

MMWR64(4):87-90
HIV Testing and Service Delivery Among Blacks or African Americans — 61 Health Department Jurisdictions, United States, 2013

黒人およびアフリカ系アメリカ人に対するHIV検査およびサービスの提供 ― アメリカ、61管轄区、2013年

黒人(本報告では黒人およびアフリカ系アメリカ人のこと)の人口はアメリカの全人口の12.0%であるが、2011年のHIV感染者においては41.0%を占めていた。CDCは、61管轄区(50州、ワシントンDC、プエルトリコ、アメリカ領バージン諸島および8市郡)および151のコミュニティベースの団体に資金を提供し、黒人を対象としたHIV検査および関連サービスの促進を図っている。今回、National HIV Prevention Program Monitoring and Evaluation systemのデータを用いてその進捗状況について評価を行った。2013年、CDCはアメリカ国内のHIV検査3,343,633回に資金提供し、そのうち45.0%(1,506,016回)を黒人が受けた。検査を受けた13~19歳および20~29歳のうち、それぞれ51.5%および47.1%を黒人が占め、また、男性の43.3%、女性の47.0%、男性間性交渉者(MSM)の23.3%、異性間性交渉の男性の52.4%、女性の52.0%が黒人であった。検査の結果、17,426名が新規にHIV陽性となり、そのうち54.9%(9,571名)が黒人であり、13~19歳および20~29歳のそれぞれ68.9%および57.9%、男性の51.7%、女性の68.9%、MSMの45.2%、異性間性交渉の男性の71.6%、女性の70.2%が黒人であった。HIV検査を受けた黒人のうちMSMは8.8%であったが、新規陽性の黒人においては37.3%がMSMであった。新規陽性の黒人の53.5%が診断後、医療機関を受診した。44.5%は90日以内に受診し、46.4%がHIVパートナーサービス(HIV感染者の性交渉パートナー等に対し、HIV曝露の可能性と感染予防に関する告知と教育を提供する)の面談を受け、53.6%がHIV予防サービス(HIV感染リスクの低減を直接的な目的とする)の紹介を受けた。HIV感染を早期に知り、抗レトロウイルス治療を受けることがHIV陽性者の医学的転帰の改善につながると同時にHIV伝播の可能性を低減する。National HIV/AIDS Strategyは2015年の目標として、新規陽性者の90日以内の医療機関受診率を85.0%とすることを掲げており、今後の大幅な改善が必要である。

References

  • Bradley H, Hall HI, Wolitski RJ, et al. Vital signs: HIV diagnosis, care, and treatment among persons living with HIV—United States, 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1113–7.
  • Cohen MS, Chen YQ, McCauley M, et al. Prevention of HIV-1 infection with early antiretroviral therapy. N Engl J Med 2011;365:493–505.
  • Kitahata MM, Gange SJ, Abraham AG, et al. Effect of early versus deferred antiretroviral therapy for HIV on survival. N Engl J Med 2009;360:1815–26.
  • CDC. The recommendations for partner services programs for HIV infection, syphilis, gonorrhea, and chlamydial infection. Available at <http://www.cdc.gov/nchhstp/partners/partner-services.html>.
  • CDC, Health Resources and Services Administration, National Institutes of Health, et al. Recommendations for HIV prevention with adults and adolescents with HIV in the United States, 2014. Available at <http://stacks.cdc.gov/view/cdc/26062>.
  • CDC. Diagnosis of HIV infection in the United States and dependent areas, 2012. HIV Surveillance Report. Vol. 24 Available at <http://www.cdc.gov/hiv/library/reports/surveillance/2012/surveillance_report_vol_24.html>.
  • Woodring JV, Kruszon-Moran D, Oster AM, McQuillan GM. Did CDC’s 2006 revised HIV testing recommendations make a difference? Evaluation of HIV testing in the US household population, 2003–2010. J Acqr Immune Defic Syndr 2014;67:331–40.
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States and the National HIV/AIDS strategy: federal implementation plan. Available at <http://www.whitehouse.gov/administration/eop/onap>.
  • US Preventive Services Task Force. Human immunodeficiency virus (HIV) infection: screening. Recommendation summary. Available at <http://www.uspreventiveservicestaskforce.org/page/topic/recommendation-summary/human-immunodeficiency-virus-hiv-infection-screening>.
  • Branson BM, Handsfield HH, Lampe MA, et al. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR Recomm Rep 2006;55(No. RR-14).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ