一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)7~9歳の小児における胎児性アルコール症候群 ― ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/01/30Vol. 64 / No. 3

MMWR64(3):54-57
Fetal Alcohol Syndrome Among Children Aged 7–9 Years — Arizona, Colorado, and New York, 2010

7~9歳の小児における胎児性アルコール症候群 ― アリゾナ州、コロラド州およびニューヨーク州、2010年

胎児性アルコール症候群(FAS)は子宮内でのアルコール曝露による重度の先天性疾患であり、発達障害を来す。医療記録に基づく発症率は出生児1,000名あたり0.2~1.5であるが、学齢期児童の専門家による評価では1,000名あたり6~9と報告されている。今回、CDCはFetal Alcohol Syndrome Surveillance IIとして2009年、アリゾナ州(全域)、コロラド州(デンバー-ボールダー複合大都市統計圏)およびニューヨーク州(西部9郡)に対し、集団ベースサーベイランスにより、7~9歳児におけるFASの期間有病数の評価を行うよう資金を提供、2010年にこれらの州にて調査が行われた。FASの症例定義は顔面異常形態、中枢神経系異常および発育不全であり、各州における有病率はアリゾナ州:0.3、コロラド州:0.3、ニューヨーク州:0.8とニューヨーク州にて高く、全体では0.3であった。いずれの州においても年齢および性別による有意な相違は認められず、人種/民族別ではアメリカインディアン/アラスカ先住民にてもっとも高く(2.0)、ヒスパニック系にて低かった(0.2)。

References

  • Institute of Medicine. Fetal alcohol syndrome: diagnosis, epidemiology, prevention, and treatment. Washington, DC: National Academy Press; 1996.
  • CDC. Fetal alcohol syndrome—Alaska, Arizona, Colorado, and New York, 1995–1997. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2002;51:433–5.
  • May PA, Baete A, Russo J, et al. Prevalence and characteristics of fetal alcohol spectrum disorders. Pediatrics 2014;134:855–66.
  • O’Leary LA, Ortiz L, Montgomery A, et al. Methods for surveillance of fetal alcohol syndrome: the Fetal Alcohol Syndrome Surveillance Network II (FASSNetII)—Arizona, Colorado, New York, 2009–2014. Birth Defects Res A Clin Mol Teratol;2015 (in press).
  • US Census Bureau. American FactFinder. Available at <http://factfinder.census.gov/servlet>.
  • Gahagan S, Sharpe TT, Brimacombe M, et al. Pediatricians’ knowledge, training, and experience in the care of children with fetal alcohol syndrome. Pediatrics 2006;118:e657–68.
  • Streissguth AP, Bookstein FL, Barr HM, Sampson PD, O’Malley K, Young JK. Risk factors for adverse life outcomes in fetal alcohol syndrome and fetal alcohol effects. J Dev Behav Pediatr 2004;25:228–38.
  • CDC. Alcohol use and binge drinking among women of childbearing age—United States, 2006–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:534–8.
  • Finer LB, Zolna MR. Unintended pregnancy in the United States: incidence and disparities, 2006. Contraception 2011;84:478–85.
  • O’Connor MJ, Whaley SE. Brief intervention for alcohol use by pregnant women. Am J Public Health 2007;97:252–8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ