一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)原因不明の神経性疾患のアウトブレイク ― ムザファ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/01/30Vol. 64 / No. 3

MMWR64(3):49-53
Outbreaks of Unexplained Neurologic Illness — Muzaffarpur, India, 2013–2014

原因不明の神経性疾患のアウトブレイク ― ムザファルプル、インド、2013~2014年

1995年以降、インドビハール州のムザファルプルにて小児の原因不明の急性神経疾患のアウトブレイクが発生し、高い致死率が認められている。アウトブレイクは6月にピークとなり、モンスーンで降雨が始まって1週間すると減少する。CDCおよびIndian National Centre for Disease Control (NCDC)は、2013年と2014年のアウトブレイクに関する調査を行い、臨床的および疫学的特徴からその原因および予防法について検討した。2013年のアウトブレイクは5月17日~7月22日に発生し、計133例がムザファルプルの2つの公立病院に入院した。年齢は1~5歳が71%を占め、入院時、94%の症例に全身痙攣、93%に精神状態の変化を認め、61%に発熱がなく、21%(20/94例)に低血糖症(血中グルコース70mg/dL未満)を認めた。脳脊髄液の検査では日本脳炎ウイルス、ウエストナイルウイルス、チャンディプラウイルスいずれも陰性であった。致死率は44%であり、リスク因子の分析では入院時に低血糖症であった症例にて高い致死率を認めた。症例対照研究(発症例:101例 vs年齢の一致する対照例:202例)では、発症例にて農場または果樹園で過ごした時間が長かった。2013年の調査データから特定の病因は確認できなかったが、本疾患は非炎症性脳症であり、毒物による疾患であることが示唆された。これらの知見に基づき、2014年、NCDCおよびCDCは再度、調査を行った。2014年のアウトブレイクは5月26日~7月17日に発生し、計390例が入院した。うち213例(55%)が男児であり、年齢は4(6カ月~14)歳、280例(72%)が1~5歳であった。記録データのあった345例中、94%に全身痙攣、77%に精神状態の変化を認め、入院時に体温を測った357例中219例(61%)は発熱がなかった。致死率は31%であった。脳MRI(16例)では炎症を示唆する所見は認められず、8例(50%)にて軽度~中等度の脳浮腫を認めた。脳波検査(30例)では22例(73%)に全般的脳障害を認め、7例にてんかん型放電を認めた。血中グルコース濃度(中央値)は48mg/dLであり、171例(52%)が50mg/dL以下、204例(62%)が70mg/dL以下であった。ムザファルプルがライチの生産地であることから、この疾患との関連性が示唆されており、アウトブレイクの時期がライチの収穫時期と一致するため、動物実験で低血糖症を来すライチに含まれるメチレンシクロプロピルグリシンとの関連性が検討されている。

References

  • Gray DO, Fowden L. alpha-(methylenecyclopropyl)glycine from litchi seeds. Biochem J 1962;82:385–9.
  • Melde K, Jackson S, Bartlett K, Sherratt HS, Ghisla S. Metabolic consequences of methylenecyclopropylglycine poisoning in rats. Biochem J 1991;274:395–400.
  • Melde K, Buettner H, Boschert W, Wolf HP, Ghisla S. Mechanism of hypoglycaemic action of methylenecyclopropylglycine. Biochem J 1989;259:921–4.
  • Paireau J, Tuan NH, Lefrancois R, et al. Litchi-associated acute encephalitis in children, Northern Vietnam, 2004–2009. Emerg Infect Dis 2012;18:1817–24.
  • Biswas SK. Outbreak of illness and deaths among children living near lychee orchards in northern Bangladesh. International Centre for Diarrhoeal Diseases Research, Bangladesh ICDDRB Health Sci Bull 2012;10:15–22.
  • Gaillard Y, Carlier J, Berscht M, et al. Fatal intoxication due to ackee (Blighia sapida) in Suriname and French Guyana. GC-MS detection and quantification of hypoglycin-A. Forensic Sci Int 2011;206:e103–7.
  • CDC. Toxic hypoglycemic syndrome—Jamaica, 1989-1991. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 1992;41:53–5.
  • Joskow R, Belson M, Vesper H, Backer L, Rubin C. Ackee fruit poisoning: an outbreak investigation in Haiti 2000-2001, and review of the literature. Clin Toxicol (Phila) 2006;44:267–73.
  • Meda HA, Diallo B, Buchet JP, et al. Epidemic of fatal encephalopathy in preschool children in Burkina Faso and consumption of unripe ackee (Blighia sapida) fruit. Lancet 1999;353:536–40.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ