一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)生殖年齢の女性におけるオピオイド処方の保険請求 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2015/01/23Vol. 64 / No. 2

MMWR64(2):37-41
Opioid Prescription Claims Among Women of Reproductive Age — United States, 2008–2012

生殖年齢の女性におけるオピオイド処方の保険請求 ― アメリカ、2008~2012年

オピオイドはアメリカで広く処方されているが、胎児の臓器形成に重要な妊娠初期の数週間に曝露した場合には、新生児薬物離脱症候群や先天性異常(神経管閉鎖障害、腹壁破裂、先天性心疾患など)のリスクを高めるとされる。妊娠初期には妊娠に気づいていないことも多いため、全ての生殖年齢女性においてオピオイド系薬物使用を評価することは重要である。CDCは、院外薬局から請求された民間医療保険およびメディケイドに対する保険請求データから、2008~2012年の各年、民間保険加入の440~660万人、メディケイド加入の40~80万人の15~44歳の生殖年齢の女性を対象にオピオイド系薬剤の処方数について調査した。その結果、生殖年齢の女性のうち、平均して民間保険加入者の27.7%、メディケイド加入者の39.4%が院外薬局でオピオイド鎮痛薬を調剤されていた。2009年はオピオイド処方の薬剤費請求が最も多く、民間保険加入者の29.1%、メディケイド加入者の41.4%が処方されていた。2008~2012年の間、請求率は一貫してメディケイド加入者の方が高かった。処方された主なオピオイドは、ヒドロコドン(民間保険加入者の17.5%およびメディケイド加入者の25.0%)、コデイン(6.9%および9.4%)、オキシコドン(5.5%および13.0%)であった。年齢層別では、民間保険加入者では30~34歳、メディケイド加入者では40~44歳での処方率が高く、15~19歳の年齢層は両保険ともに最も低かった。地域、人種/民族間の相違も顕著に認められ、民間保険加入者では南部地域で処方率が高く、メディケイド加入者では非ヒスパニック系白人における処方率が有意に高かった。今後、オピオイド系薬剤の不必要な処方と使用を低減させるため、特に妊娠が可能な女性を対象として、より的確な介入と教育が必要である。

References

  • Paulozzi LJ, Mack KA, Hockenberry JM. Vital signs: variation among states in prescribing of opioid pain relievers and benzodiazepines—United States, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:563–8.
  • Broussard CS, Rasmussen SA, Reefhuis J, et al. Maternal treatment with opioid analgesics and risk for birth defects. Am J Obstet Gynecol 2011;204:314:e1–11.
  • Kellogg A, Rose CH, Harms RH, Watson WJ. Current trends in narcotic use in pregnancy and neonatal outcomes. Am J Obstet Gynecol 2011;204:259:e124.
  • Finer LB, Zolna MR. Shifts in intended and unintended pregnancies in the United States, 2001–2008. Am J Public Health 2014;104(Suppl 1):S43–8.
  • Babb M, Koren G, Einarson A. Treating pain during pregnancy. Can Fam Physician 2010;56:25,27.
  • Bateman BT, Hernandez-Diaz S, Rathmell JP, et al. Patterns of opioid utilization in pregnancy in a large cohort of commercial insurance beneficiaries in the United States. Anesthesiology 2014;120:1216–24.
  • Desai RJ, Hernandez-Diaz S, Bateman BT, Huybrechts KF. Increase in prescription opioid use during pregnancy among Medicaid-enrolled women. Obstet Gynecol 2014;123:997–1002.
  • Curtin SC, Osterman MJ, Uddin SF, Sutton SR, Reed PR. Source of payment for the delivery: births in a 33-state and District of Columbia reporting area, 2010. Natl Vital Stat Rep 2013;62:1–20.
  • Sullivan MD, Edlund MJ, Fan MY, Devries A, Brennan Braden J, Martin BC. Trends in use of opioids for non-cancer pain conditions 2000–2005 in commercial and Medicaid insurance plans: the TROUP study. Pain 2008;138:440–9.
  • US Department of Justice, Drug Enforcement Administration. Federal register. Schedules of controlled substances: rescheduling of hydrocodone combination products from Schedule III to Schedule II;79:49661–82. Available at <http://www.gpo.gov/fdsys/pkg/FR-2014-08-22/pdf/2014-19922.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ