一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)エボラウイルス病の流行による埋葬方法および墓地管理・・・

MMWR抄訳

rss

2015/01/16Vol. 64 / No. 1

MMWR64(1):20-27
Improving Burial Practices and Cemetery Management During an Ebola Virus Disease Epidemic — Sierra Leone, 2014

エボラウイルス病の流行による埋葬方法および墓地管理の改善 ― シエラレオネ、2014年

シエラレオネにおけるエボラウイルス病(Ebola)による死亡者は2015年1月3日の時点で2,500名を超えている。西アフリカでは家族や近所の住民たちが葬儀の準備のために死者の身体に触れ、洗ったりするが、これが感染経路の1つと考えられている。2014年9月、CDCはシエラレオネの保健衛生省(Ministry of Health and Sanitation:MOH)とともに埋葬方法および墓地の管理を視察し、感染リスクを低下させるための標準作業手順書(SOP)を作成、その後SOPの遵守状況について評価を行った。シエラレオネでは遺体の回収に1~5日を要し、Ebola死亡例に十分対応する症例調査、検体回収、埋葬作業は人員不足とともに手順が統一化されていない状況にあることが判明し、さらに遺体の検査方法および検査結果の報告方法の体系的手順も確立していなかった。墓地の土地およびその管理も不適切であり、埋葬方法も安全な手順で行われていなかった。これらの状況から、10月1日、SOPが発効され、10月10日~15日の間に全国14地区において埋葬作業の実情およびSOPの実施に必要な資材などの評価が行われた。その結果、埋葬作業員の直接訓練の必要性および適切な個人保護具(PPE)やその他の物資(塩素、塩素スプレー、遺体回収袋、シャベルなど)、運搬車両を早急に供給する必要性が確認された。10月19日にはイギリス政府の支援により埋葬作業の指令センターが西部都市および地方地区に設立され、作業員の派遣/検体回収の手配/墓地の管理、死亡例の報告に対応する作業員の決定および遺体に関する記録と管理が統一化され、10月31日までには作業チームは全国で70に増加、11月にはポートロコ、ボンバリ、モヤンバ、カムビア、トンコリリ、ケネマ、コインドゥグおよびボー地区にも指令センターが設立され、シエラレオネにおけるEbola死亡例への対応は改善されている。

References

  • Sierra Leone Ministry of Health and Sanitation. Ebola virus disease—situation report, 04 January 2015. Freetown, Sierra Leone: Sierra Leone Ministry of Health and Sanitation, 2014. Available at <http://health.gov.sl/wp-content/uploads/2015/01/Ebola-Situation-Report_Vol-221.pdf>.
  • Dowell SF, Mukunu R, Ksiazek TG, Khan AS, Rollin PE, Peters CJ. Transmission of Ebola hemorrhagic fever: a study of risk factors in family members, Kikwit, Democratic Republic of the Congo, 1995. J Infect Dis 1999;179:S87–91.
  • Richards P, Amara J, Ferme MC, et al. Social pathways for Ebola virus disease in rural Sierra Leone, and some implications for containment. PLoS Negl Trop Dis 2014; October 31 [Epub ahead of print]. Available at <http://blogs.plos.org/speakingofmedicine/2014/10/31/social-pathways-ebola-virus-disease-rural-sierra-leone-implications-containment>.
  • Sierra Leone Emergency Management Program. Standard operating procedures for safe, dignified medical burials. Freetown, Sierra Leone: Sierra Leone Emergency Management Program; 2014.
  • World Health Organization. New WHO safe and dignified burial protocol—key to reducing Ebola transmission. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. Available at <http://www.who.int/mediacentre/news/notes/2014/ebola-burial-protocol/en>.
  • United Nations Mission for Ebola Emergency Response. Sierra Leone: Ebola emergency weekly situation report, no. 1, 20–26 October 2014. New York, NY: United Nations Mission for Ebola Emergency Response; 2014. Available at <http://reliefweb.int/sites/reliefweb.int/files/resources/Weekly_SL_SitRep1_27Oct_%20FINAL_0.pdf>.
  • Meltzer MI, Atkins CY, Santibanez S, et al. Estimating the future number of cases in the Ebola epidemic—Liberia and Sierra Leone, 2014–2015. MMWR Surveill Summ 2014;63(Suppl 3).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ