一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)アメリカインディアン/アラスカ先住民における届出疾・・・

MMWR抄訳

rss

2015/01/16Vol. 64 / No. 1

MMWR64(1):16-19
Incidence of Notifiable Diseases Among American Indians/Alaska Natives — United States, 2007–2011

アメリカインディアン/アラスカ先住民における届出疾患の発症率 ― アメリカ、2007~2011年

2007~2011年のNational Notifiable Diseases Surveillance Systemデータより、アメリカインディアン/アラスカ先住民(AI/AN)とその他の人種/民族における26種の届出疾患の発症率について分析が行われた。この期間、これらの届出疾患は12,420,236例報告され、26疾患のうち、ボツリヌス(食中毒)、エールリッヒア症、ジアルジア症、ライム病を除く22疾患にて70%を超える症例の人種/民族データが得られた。AI/ANにて発症率が高率であった疾患は12疾患であり、ハンタウイルス性肺症候群(白人に比し15.43倍)および野兎病(同6.76倍)にて特に高かったが、症例数は両疾患とも少なかった(ハンタウイルス性肺症候群:112例中20例、野兎病:626例中47例)。10,000例以上の報告例があった20疾患において、白人に比べAI/ANにて発症率が高率であった疾患は紅斑熱群リケッチア症(4.21倍)、Chlamydia trachomatis感染症(2.49倍)、淋疾(2.39倍)、結核(1.86倍)、細菌性赤痢(1.78倍)、侵襲性肺炎球菌感染症(5歳未満:1.33倍、全年齢:1.19倍)、Haemophilus influenzae感染症 (1.31倍)であり、また、低率であった疾患はレジオネラ症(0.24倍)、水痘(みずぼうそう)(0.38倍)、クリプトスポリジウム症(0.46倍)などがあり、ライム病は39%の症例の人種/民族データが得られていないが、白人の0.33倍であった。これらの人種/民族による発症率の相違の是正はHealthy People 2020の目標の1つとされており、それぞれに必要な対策が急がれる。

References

  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2020. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2011. Available at <http://www.healthpeople.gov/2020/topicsobjectives/default.aspx>.
  • Holman RC, Folkema AM, Singleton RJ, et al. Disparities in infectious disease hospitalizations for American Indian/Alaska Native people. Public Health Rep 2011;126:508–21.
  • CDC. Summary of notifiable diseases—2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;60.
  • CDC. Racial disparities in nationally notifiable diseases—United States, 2002. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2005;54:9–11.
  • Jim MA, Arias E, Seneca DS, et al. Racial misclassification of American Indians and Alaska Natives by Indian Health Service contract health service delivery area. Am J Public Health 2014;104:295–302.
  • Sickbert-Bennett EE, Weber DJ, Poole C, MacDonald PDM, Maillard J. Completeness of communicable disease reporting, North Carolina, USA, 1995–1997 and 2000–2006. Emerg Infect Dis 2011;17:23–9.
  • Keramarou M, Evans MR. Completeness of infectious disease notification in the United Kingdom: a systematic review. J Infect 2012;64:555–64.
  • CDC. Chronic disease in minority populations. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 1992.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ