一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)季節性インフルエンザワクチンの有効性の早期評価 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2015/01/16Vol. 64 / No. 1

MMWR64(1):10-15
Early Estimates of Seasonal Influenza Vaccine Effectiveness — United States, January 2015

季節性インフルエンザワクチンの有効性の早期評価 ― アメリカ、2015年1月

CDCは、2004/205年インフルエンザシーズンから毎年、急性呼吸器疾患を呈するインフルエンザウイルス感染症に対する季節性インフルエンザワクチンの予防効果について評価してきた。アメリカでは2015年1月3日までに46州にて広範囲に及ぶインフルエンザ活性が認められており、A(H3N2)ウイルスが優勢である。ここでは2014年11月10日~2015年1月2日において検査で確診されたインフルエンザウイルス感染症に対するワクチンの予防効果に関する早期評価について報告する。評価は5つの研究機関のU.S. Influenza Vaccine Effectiveness Network (Flu VE)に登録された小児および成人2,321例のデータに基づいて行った。rRT-PCR法によるインフルエンザウイルス陽性例は2,321例中950例(41%、インフルエンザA:916例、インフルエンザB:35例)であり、A(H3N2)陽性例がもっとも多かった(842例)。950例の内訳は男性:402例、女性:548例、年齢は6カ月~8歳:225例、9~17歳:185例、18~49歳:268例、50~64歳:136例、65歳以上:136例であり、年齢別陽性率はそれぞれ35%、52%、40%、38%、45%であった。2014/2015年シーズンのインフルエンザワクチン接種率は陽性例にて49%、陰性例にて56%であり、ワクチンの有効性は23%と推定された。インフルエンザA(H3N2)ウイルスの抗原性解析の結果、24検体中8検体(33%)は2014/2015年シーズンの北半球インフルエンザワクチンに含まれるA/Texas/50/2012と一致したが、16検体(67%)はワクチン成分と異なっていた。年齢別のワクチン有効性は6カ月~17歳:26%、18~49歳:12%、50歳以上:14%であり、今シーズンのワクチンの有効性は限定的であることが示唆され、ワクチンインフルエンザ感染が疑われるハイリスク例に対してはワクチン接種の有無にかかわらず抗ウイルス薬による治療を早期に行うべきである。

References

  • Grohskopf LA, Olsen SJ, Sokolow LZ, et al. Prevention and control of seasonal influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)—United States, 2014–15 influenza season. Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:691–7.
  • CDC. Fluview. 2014–2015 influenza season week 53 ending January 3, 2015. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. Available at <http://www.cdc.gov/flu/weekly>.
  • Fry AM, Kim IK, Reed C, et al. Modeling the effect of different vaccine effectiveness estimates on the number of vaccine-prevented influenza-associated hospitalizations in older adults. Clin Infect Dis 2014;59:406–9.
  • CDC. Antiviral agents for the treatment and chemoprophylaxis of influenza: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2011;60(No. RR-1).
  • McLean HQ, Thompson MG, Sundaram ME, et al. Influenza vaccine effectiveness in the United States during 2012–2013: variable protection by age and virus type. J Infect Dis 2014. Epub ahead of print.
  • Fry AM, Goswami D, Nahar K, et al. Efficacy of oseltamivir treatment started within 5 days of symptom onset to reduce influenza illness duration and virus shedding in an urban setting in Bangladesh: a randomised placebo-controlled trial. Lancet Infect Dis 2014;14:109–18.
  • Osterholm MT, Kelley NS, Sommer A, Belongia EA. Efficacy and effectiveness of influenza vaccines: a systematic review and meta-analysis. Lancet Infect Dis 2012;12:36–44.
  • Rolfes M, Blanton L, Brammer L, et al. Update: influenza activity—United States, September 28–December 6, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1189–94.
  • Blanton L, Brammer L, Smith S, et al. Update: influenza activity—United States and worldwide, May 18–September 20, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:861–4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ