一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)神経管閉鎖障害児の妊娠歴のある妊婦におけるサプリメ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/01/16Vol. 64 / No. 1

MMWR64(1):6-9
Supplement Use and Other Characteristics Among Pregnant Women with a Previous Pregnancy Affected by a Neural Tube Defect — United States, 1997–2009

神経管閉鎖障害児の妊娠歴のある妊婦におけるサプリメントの利用とその他の特徴 ― アメリカ、1997~2009年

神経管閉鎖障害(NTD)児の妊娠歴のある女性では、再び児にNTDを来すリスクが高いため、妊娠を計画する場合は高用量の葉酸サプリメント(4.0mg/日)を妊娠する4週間以上前から妊娠12週まで摂取することが推奨されている。今回、NTD児の妊娠歴があり、National Birth Defects Prevention Studyに参加した女性27名を対象に、その摂取方法(マルチビタミン剤、単味サプリメント)について調査した。27名中、再度NTD児であった女性は17名(再発例)、児に先天性欠損症がなかった女性(対照例)は10名であった。再発例のうち6名(35%)は葉酸の単味サプリメント(3名)または出産前/マルチビタミン剤(3名)を妊娠前3カ月より摂取しており、対照例では8名(80%、うち葉酸の単味サプリメントは7名)が摂取していた。人種/民族別では、再発例は白人:6名、非ラテン系黒人:3名、ラテン系:6名、その他:2名であり、非ラテン系白人では83%(5/6名)がサプリメントを摂取していたが、黒人およびヒスパニック系では0名であった。対照例は白人:8名、ヒスパニック系:1名、その他:1名であり、非ラテン系白人は88%(7/8名)が摂取していた。意図的に妊娠した女性は再発例:10/17名、対照例:8/10名であり、うち妊娠前より葉酸サプリメントを摂取していた女性は再発例では5名のみであり、対照例では6名が摂取していた。また、再発例では6/17名が肥満(BMI≧30)であり(対照例:1/10名)、2名がオピオイドの投与を受けていた。以上、NTDを発症した妊娠歴のある女性のうち、再発した女性は妊娠前から葉酸の摂取率が低く、ハイリスク例ではNTDの予防に葉酸の摂取が重要であることが示唆された。

References

  • US Preventive Services Task Force. Folic acid for the prevention of neural tube defects: U.S. Preventive Services Task Force recommendation statement. Ann Intern Med 2009;150:626–31.
  • CDC. Effectiveness in disease and injury prevention use of folic acid for prevention of spina bifida and other neural tube defects—1983–1991. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 1991;40:513–6.
  • Grosse SD, Collins JS. Folic acid supplementation and neural tube defect recurrence prevention. Birth Defects Res A Clin Mol Teratol 2007;79:737–42.
  • Hendler SS, Rorvik DR. PDR for nutritional supplements, second edition. Montvale, NJ: Medical Economics Company, Inc.; 2008.
  • CDC. Folic acid awareness and use among women with a history of a neural tube defect pregnancy—Texas, 2000–2001. MMWR Recomm Rep 2002;51(No. RR-13):16–9.
  • Dean J, Collins J, Clary N, Stevenson R. Preventing the recurrence of neural tube defects in South Carolina. Proc Greenwood Genet Center 2007;26:40–4.
  • Felkner M, Suarez L, Hendricks K, Larsen R. Implementation and outcomes of recommended folic acid supplementation in Mexican-American women with prior neural tube defect-affected pregnancies. Prev Med 2005;40:867–71.
  • Stothard KJ, Tennant PW, Bell R, Rankin J. Maternal overweight and obesity and the risk of congenital anomalies: a systematic review and meta-analysis. JAMA 2009;301:636–50.
  • Broussard CS, Rasmussen SA, Reefhuis J, et al. Maternal treatment with opioid analgesics and risk for birth defects. Am J Obstet Gynecol 2011;204:314.e1–11.
  • Grosse SD, Ouyang L, Collins JS, Green D, Dean JH, Stevenson RE. Economic evaluation of a neural tube defect recurrence-prevention program. Am J Prev Med 2008;35:572–7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ