一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)強制的な葉酸補強による神経管閉鎖障害の予防に関する・・・

MMWR抄訳

rss

2015/01/16Vol. 64 / No. 1

MMWR64(1):1-5
Updated Estimates of Neural Tube Defects Prevented by Mandatory Folic Acid Fortification — United States, 1995–2011

強制的な葉酸補強による神経管閉鎖障害の予防に関する最新情報 ― アメリカ、1995~2011年

1992年、U.S. Public Health Servicesはこれから妊娠する可能性のある女性に対し、妊娠する3カ月前から神経管閉鎖障害(NTD:主に二分脊椎または無脳症)の発症予防のため葉酸(400μg/日)を摂取するよう勧告した。また、1998年より栄養豊富な穀物製品に100gあたり140μgの葉酸を加える強制的な補充を開始、その後、NTDの発症率は低下し、年間約1000件のNTDの回避が可能となった。今回、1999~2011年の国内19州の先天的欠損症サーベイランスデータ(出生前診断データあり:8州、なし:11州)より、葉酸の強制的な補充後のNTD出生率について分析した。強制的な補充前の1995~1996年と1999~2011年および最新の3年間(2009~2011年)における年間あたりの無脳症の発症数は、出生前診断のある州ではそれぞれ1,628例(出生児10,000名あたり4.2)、1,206例(2.9)、1,127例(2.8)、出生前診断のない州では913例(2.3)、781例(1.9)、760例(1.9)、二分脊椎は出生前診断のある州にて2,549例(6.5)、1,645例(4.0)、1,476例(3.7)、ない州にて1,685例(4.3)、1,401例(3.4)、1,443例(3.6)であり、全体では1999~2011年においてNTDを発症した出生児は1995~1996年に比べ28%低下し、出生前診断のある州にて(35%)ない州(21%)よりも大きく低下した。以上、穀物製品への葉酸の強制的な補充によりNTDの発症率が低下し、その有効性が示唆された。

References

  • CDC. Recommendations for the use of folic acid to reduce the number of cases of spina bifida and other neural tube defects. MMWR Recomm Rep 1992;41(No. RR-14).
  • CDC. CDC Grand Rounds: additional opportunities to prevent neural tube defects with folic acid fortification. MMWR Morbid Mortal Wkly Rep 2010;59:980–4.
  • CDC. Spina bifida and anencephaly before and after folic acid mandate—United States, 1995–1996 and 1999–2000. MMWR Morbid Mortal Wkly Rep 2004;53:362–5.
  • Grosse SD, Ouyang L, Collins JS, Green D, Dean JH, Stevenson RE. Economic evaluation of a neural tube defect recurrence-prevention program. Am J Prev Med 2008;35:572–7.
  • Pfeiffer CM, Hughes JP, Lacher DA, et al. Estimation of trends in serum and RBC folate in the United States population from pre- to post-fortification using assay-adjusted data from the NHANES 1988–2010. J Nutr 2012;142:886–93.
  • Crider KS, Devine O, Hao L, et al. Population red blood cell folate concentrations for prevention of neural tube defects: Bayesian model. BMJ 2014;349:g4554.
  • Tinker SC, Hamner H, Crider KS. Red blood cell folate concentrations among non-pregnant United States women of childbearing age, National Health and Nutrition Examination Survey, 2007–2010. Available at <http://epiresearch.org/wp-content/uploads/2014/08/abstract-book-printed.pdf>.
  • Tinker SC, Cogswell ME, Devine O, Berry RJ. Folic acid intake among United States women aged 15–44 years, National Health and Nutrition Examination Survey, 2003–2006. Am J Prev Med 2010;38:534–42.
  • Crider KS, Zhu JH, Ling H, et al. MTHFR 677CàT genotype is associated with folate and homocysteine concentrations in a large population-based, double blind trial of folic acid supplementation. Am J Clin Nutr 2011;93:1365–72.
  • Tinker SC, Devine O, Mai C, et al. Estimate of the potential impact of folic acid fortification of corn masa flour on the prevention of neural tube defects. Birth Defects Res A Clin Mol Teratol 2013;97:649–57.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ