一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)バイタルサイン:アルコール中毒死 ― アメリカ、2・・・

MMWR抄訳

rss

2015/01/09Vol. 63 / No. 53

MMWR63(53):1238-1242
Vital Signs: Alcohol Poisoning Deaths — United States, 2010–2012

バイタルサイン:アルコール中毒死 ― アメリカ、2010~2012年

アメリカにおいて、2006~2010年の生産年齢成人(20~64歳)の死亡10例に1例がアルコールの過剰摂取によるものであり、2006年の経済損失は2,235億ドルと推計された。多量飲酒(1回の飲酒機会に女性は4杯、男性は5杯以上の飲酒)は、この死亡例の半数以上、経済損失の3/4の原因とされている。Healthy People 2020は多量飲酒する成人の割合およびアルコール関連死亡数の低減を目標に掲げている。CDCはNational Vital Statistics Systemの2010~2012年のデータから15歳以上のアルコール中毒死について分析を行った。その結果、15歳以上のアメリカ人におけるアルコール中毒死は年平均2,221例、年齢補正後死亡率は100万人あたり8.8例となった。このうち1,681例(75.7%)が35~64歳で、1,696例(76.4%)が男性であった。アルコール中毒による死亡率が最も高いのは45~54歳の男性(100万人当たり25.6例)であった。アルコール中毒死の大多数(67.5%;1,500例)を非ヒスパニック系白人が占めるものの、年齢補正後死亡率はアメリカインディアン/アラスカ先住民(100万人当たり49.1例)が最も高かった。年平均44例(2.0%)が15~20歳の法的に飲酒が規制される年齢における死亡であった。州別の年齢補正後死亡率は100万人当たり5.3例(アラバマ州)~46.5例 (アラスカ州)と幅があり、20州が全国平均(100万人当たり8.8例)を超えており、そのうちアラスカ州とメキシコ州では30例を超えていた。死亡率の高い(同11.9~46.5例)州はほとんどがグレートプレーンズまたは西部の州であったが、ニューイングランド地方の2州(ロードアイランド州およびマサチューセッツ州)も含まれていた。州別の死亡率の差は多量飲酒のパターンを反映し、アルコールの価格や入手機会を制限する州および地方法の存在と密接に関連していることが報告されている。エビデンスに基づく方法(アルコール販売量の規制や小売店における違法販売の取締りなど)により多量飲酒の機会、頻度、量を低減し、アルコール中毒死を低減することが可能である。

References

  • Stahre M, Roeber J, Kanny D, Brewer RD, Zhang X. Contribution of excessive alcohol consumption to deaths and years of potential life lost in the United States. Prev Chronic Dis 2014;11:130293.
  • Bouchery EE, Harwood HJ, Sacks JJ, Simon CJ, Brewer RD. Economic costs of excessive alcohol consumption in the United States, 2006. Am J Prev Med 2011;41:516–24.
  • World Health Organization. Global status report on alcohol and health—2014. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014.
  • Kanny D, Liu Y, Brewer RD, Lu H. Binge drinking—United States, 2011. MMWR Surveill Summ 2013;62(Suppl no. 3):77–80.
  • Esser MB, Hedden SL, Kanny D, Brewer RD, Gfroerer JC, Naimi TS. Prevalence of alcohol dependence among U.S. adult drinkers. Prev Chronic Dis 2014;11:140329.
  • Caplan YH, Goldberger BA, eds. Garriott’s medicolegal aspects of alcohol, sixth edition. Tucson, AZ: Lawyers and Judges Publication Company; 2015.
  • National Institute of Alcohol Abuse and Alcoholism. Alcohol overdose: the dangers of drinking too much. Bethesda, MD: National Institute of Alcohol Abuse and Alcoholism; 2013. Available at <http://pubs.niaaa.nih.gov/publications/AlcoholOverdoseFactsheet/Overdosefact.htm>.
  • US Department of Health and Human Services. Substance abuse objectives. Healthy people 2020. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2011. Available at <http://www.healthypeople.gov/2020/topics-objectives/topic/substance-abuse/objectives>.
  • National Prevention Council. National Prevention Strategy, Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General; 2011.
  • CDC. Mortality multiple cause files. 2010–2012. US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/nvss/mortality_public_use_data.htm>.
  • Naimi TS, Brewer RD, Mokdad A, Denny C, Serdula MK, Marks JS. Binge drinking among US adults. JAMA 2003;289:70–5.
  • Landen M, Roeber J, Naimi T, Nielsen L, Sewell M. Alcohol-attributable mortality among American Indians and Alaska Natives in the United States, 1999–2009. Am J Public Health 2014;104:S343–9.
  • Naimi TS, Blanchette J, Nelson TF, et al. A new scale of the US alcohol policy environment and its relationship to binge drinking. Am J Prev Med 2014;46:10–6.
  • Holt JB, Miller JW, Naimi TS, Sui DZ. Religious affiliation and alcohol consumption in the United States. Geogr Rev 2006;96:523–42.
  • Xuan Z, Blanchette J, Nelson TF, Heeren T, Oussayef N, Naimi TS. The alcohol policy environment and policy subgroups as predictors of binge drinking measures among US adults. Am J Public Health 2014. [Epub ahead of print].
  • Dufour MC. Death certificates as a database for health research? Only with your help. Bulletin of Pathology Education 1984;9:57–9.
  • Hanzlick R. Death certificates, natural death, and alcohol: the problem of underreporting. Am J Forensic Med Pathol 1988;9:149–50.
  • Hudson P. The medical examiner looks at drinking. In Ewing JA, and Rouse BA, eds. Drinking: alcohol in American society. Chicago, IL: Nelson Hall; 1978:71–92.
  • Yoon YH, Stinson FS, Yi HY, Dufour MC. Accidental alcohol poisoning mortality in the United States, 1996–1998. Alcohol Res Health 2003;27:110–8.
  • Arias E, Schauman WS, Eschbach K, Sorlie PD, Backlund E. The validity of race and Hispanic origin reporting on death certificates in the United States. Vital Health Stat 2 2008;148:1–23.
  • Task Force on Community Prevention Services. Preventing excessive alcohol consumption. In: The guide to community preventive services. New York, NY: Oxford University Press; 2005. Available at <http://www.thecommunityguide.org/alcohol/index.html>.
  • Babor T, Caetano R, Casswell S, et al. Alcohol: no ordinary commodity—research and public policy. Oxford, UK: Oxford University Press; 2010.
  • Moyer VA; US Preventive Services Task Force. Screening and behavioral counseling interventions in primary care to reduce alcohol misuse: USPreventive Services Task Force recommendation statement. Ann Intern Med 2013;159:210–8.
  • McKnight-Eily LR, Liu Y, Brewer RD, et al. Vital Signs: Communication between health professionals and their patients about alcohol use—44 states and the District of Columbia, 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:16–22.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ