一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2015年(Vol.64)列車脱線による塩化ビニル放出後の緊急対応者の評価 ・・・

MMWR抄訳

rss

2015/01/09Vol. 63 / No. 53

MMWR63(53):1233-1237
Assessment of Emergency Responders After a Vinyl Chloride Release from a Train Derailment — New Jersey, 2012

列車脱線による塩化ビニル放出後の緊急対応者の評価 ― ニュージャージー州、2012年

2012年11月30日午前7時頃、ニュージャージー州で発生した貨物列車の脱線事故で、塩化ビニル積載車を含むタンク車4両が河川に落下した。塩化ビニルは無色、わずかに甘い臭気の気体でプラスチック製品の原料であるが、その急性曝露は呼吸器刺激症状、頭痛、傾眠、めまいを引き起こし、職業的な慢性曝露は肝障害、肝脂肪蓄積、肝血管肉腫を含む肝腫瘍の原因となる。12月11日、ニュージャージー州保健省はAgency for Toxic Substances and Disease RegistryおよびCDCの支援を受け、急性曝露による住民および職業的緊急対応者の健康および安全評価を行った。本報告は職業的緊急対応者における評価結果である。調査対象者は、職業(救急医療に携わる者、消防士、警察官、危険物質取扱者)、事故発生後8日間の累積曝露時間、症状、呼吸保護装置を含む個人防護具(PPE)の有無および訓練について回答した。回答者93名のうち96%が白人男性、年齢中央値は42歳(19~78歳)であった。現場滞在時間は12時間超が48%、12時間以内は52%であった。報告された症状は頭痛(26%)、上気道症状(26%)、下気道症状(22%)が最も多く、その他、咳、神経症状、悪心または嘔吐、鼻づまりまたは痰、眼の痒みまたは痛み、皮膚の痒みまたは痛み、下痢などが挙げられた。上下気道症状、眼の痒みまたは痛み、頭痛の症状は、曝露時間が12時間超の場合と有意に関連があった。23%(21/92名)の回答者は事故対応時にいかなるPPEも装着していなかった。現場到着時にPPEを装着していなかった72名のうち、49%(35名)は仕事に呼吸保護装置は必要でなかった、24%(17名)は装置がなかった、17%(12名)は装着の指示がなかった、17%(12名)は不要と考えた、8%(6名)は不要と指示された、と回答した。米国労働安全衛生局は、塩化ビニル曝露の8時間加重平均値を1ppmと定めているが、今回の事故対応時に曝露モニタリングは実施されなかった。今後、危険物質への曝露が予想される事故対応時には、全ての職業的緊急対応者が陽圧人工呼吸マスクを装着するとともに、空気中の危険物質レベルのモニタリングが必要である。

References

  • Agency for Toxic Substances and Disease Registry. Toxicological profile for vinyl chloride. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, Public Health Service; 2006. Available at <http://www.atsdr.cdc.gov/toxprofiles/tp.asp?id=282&tid=51>.
  • CDC. Emergency responder health monitoring and surveillance (ERHMS). Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/topics/erhms>.
  • Agency for Toxic Substances and Disease Registry. National Toxic Substance Incidents Program: ACE toolkit. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, Public Health Service; 2013. Available at <http://www.atsdr.cdc.gov/ntsip/ace_toolkit.html>.
  • Occupational Safety and Health Administration. Occupational Safety and Health Standards: chemical sampling, vinyl chloride. Washington, DC: US Department of Labor, Occupational Safety and Health Administration; 2012. Available at <http://www.osha.gov/dts/chemicalsampling/data/CH_275395.html>.
  • CDC. National Institute for Occupational Safety and Health pocket guide to chemical hazards: vinyl chloride. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC; 2005. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/npg/npgd0658.html>.
  • Occupational Safety and Health Administration. Occupational safety and health standards: hazardous waste operations and emergency response (29 CFR 1910.120). Washington, DC: US Department of Labor, Occupational Safety and Health Administration; 2012. Available at <https://www.osha.gov/pls/oshaweb/owadisp.show_document?p_table=standards&p_id=9765>.
  • Occupational Safety and Health Administration. Occupational safety and health standards: respiratory protection. (29 CFR 1910.134). Washington, DC: US Department of Labor, Occupational Safety and Health Administration; 2012. Available at <https://www.osha.gov/pls/oshaweb/owadisp.show_document?p_id=12716&p_table=standards>.
  • National Fire Protection Association. National Fire Protection Association codes and standards. Quincy, MA: National Fire Protection Association; 2014. Available at <http://www.nfpa.org/codes-and-standards/document-information-pages>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ