一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)CDCに寄せられたエボラウイルス病に関する臨床的問・・・

MMWR抄訳

rss

2014/12/12Vol. 63 / No. 49

MMWR63(49):1175-1179
Clinical Inquiries Regarding Ebola Virus Disease Received by CDC — United States, July 9–November 15, 2014

CDCに寄せられたエボラウイルス病に関する臨床的問い合わせ ― アメリカ、2014年7月9日~2014年11月15日

2014年初めより主にギニア、リベリア、シエラレオネにてエボラウイルス病(Ebola)による死亡例が6,000例以上報告されている。CDCは2014年7月9日よりアウトブレイクに対応するためEmergency Operations Centerを始動させ、州および地方の公衆衛生局の職員からの問い合わせやEbolaのリスク評価をサポートしており、7月9日~11月15日の間に49州およびワシントンDCから650名に関する問い合わせがあった。人口統計学的情報の明らかな症例のうち、女性は49%、年齢中央値は34(9カ月~90)歳、18歳未満が16%であった。138例(21%)がエボラ感染国に旅行しており、22例(3%)はアメリカ国内でEbola患者または患者の体液と接触しており、490例(75%)にリスク因子は認めなかった。118例(74%)はEbolaの少なくとも1つの徴候または症状があり、PUI(要観察例)の基準を満たしていた。PUIに関する問い合わせは34州およびワシントンDCから寄せられており、件数は9月30日までは平均10件/週であったが、CDCがアメリカで初のエボラ患者を確認した後に問い合わせは急増し、10月中旬には227件に上った。エボラウイルスの検査は61例(9%)に行われ、うち35例(57%)はエボラ感染国へ旅行歴があり、16例(26%)はアメリカ国内でEbola患者または患者の体液と接触しており、10例(16%)にリスク因子は認めなかった。Ebolaの確診例は4例(うち1例が死亡)であり、3例は医療従事者、うち2例は初症例のケアを行っていた。二次感染は認めていない。2014年10月27日、CDCはエボラ感染国からの旅行者すべてを対象に、入国時スクリーニング後、最終エボラウイルス曝露から21日間、体温および症状のモニタリングを行っており、エボラ感染国に滞在していた17例のうち14例がPUIと判断され、9例にエボラウイルス検査が行われたが、陽性例は認めていない。

References

  • CDC. 2014 Ebola outbreak in West Africa: case counts. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/outbreaks/2014-west-africa/case-counts.html>.
  • CDC. Case definition for Ebola virus disease (EVD). Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/hcp/case-definition.html>.
  • CDC. Epidemiologic risk factors to consider when evaluating a person for exposure to Ebola virus. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/exposure/risk-factors-when-evaluating-person-for-exposure.html>.
  • CDC. Interim guidance for specimen collection, transport, testing, and submission for persons under investigation for Ebola virus disease in the United States. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/hcp/interim-guidance-specimen-collection-submission-patients-suspected-infection-ebola.html>.
  • CDC. CDC announces active post-arrival monitoring for travelers from impacted countries. Available at <http://www.cdc.gov/media/releases/2014/p1022-post-arrival-monitoring.html>.
  • CDC. Ebola virus disease (Ebola) algorithm for evaluation of the returned traveler. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/pdf/ebola-algorithm.pdf>.
  • Chevalier MS, Chung W, Smith J, et al. Ebola virus disease cluster in the United States—Dallas County, Texas, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1087–8.
  • McCarty CL, Basler C, Karwowski M, et al. Response to importation of a case of Ebola virus disease—Ohio, October 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:1089–91.
  • CDC. Interim U.S. guidance for monitoring and movement of persons with potential Ebola virus exposure. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/exposure/monitoring-and-movement-of-persons-with-exposure.html>.
  • CDC. Interim guidance for emergency medical services (EMS) systems and 9-1-1 public safety answering points (PSAPs) for management of patients who present with possible Ebola virus disease in the United States. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/hcp/interim-guidance-emergency-medical-services-systems-911-public-safety-answering-points-management-patients-known-suspected-united-states.html>.
  • CDC. Guidance on air medical transport for patients with Ebola virus disease. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/hcp/guidance-air-medical-transport-patients.html>.
  • CDC. Ebola travel notices. Available at <http://wwwnc.cdc.gov/travel/diseases/ebola>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ