一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)ワクチン接種により回避可能であったインフルエンザ疾・・・

MMWR抄訳

rss

2014/12/12Vol. 63 / No. 49

MMWR63(49):1151-1154
Estimated Influenza Illnesses and Hospitalizations Averted by Vaccination — United States, 2013–14 Influenza Season

ワクチン接種により回避可能であったインフルエンザ疾患および入院 ― アメリカ、2013-14インフルエンザ期

Advisory Committee on Immunization Practicesは6カ月齢以上のすべての人に対し、インフルエンザワクチンの接種を毎年行うよう推奨しており、CDCは2005-2013インフルエンザ期において、ワクチン接種により各期の症例数および入院症例数をそれぞれ110~660万例、7,700~79,000例減少させうると試算している。2013-14年期(2013年10月~2014年5月)における自己申告またはNational Immunization Surveyデータによるワクチン接種率は6カ月~4歳:70.1%、5~19歳:51.2%、20~64歳:36.8%、65歳以上:64.7%であり、ワクチン有効率はそれぞれ47%、56%、52%、39%と推定されている。インフルエンザによる推計症例数は全体で35,350,766例、受診者数は14,646,159例、入院症例数は397,236例であり、ワクチンの接種により推計で症例数は7,178,318例、受診者数は3,123,563例、入院症例数は90,068例の減少が可能となり、インフルエンザによるこれらの有害健康転帰の16.9%がワクチン接種により阻止されたと推定された。また、ワクチン接種率がHealthy People 2020の目標値である70%であった場合、さらに症例数:590万例、受診者数:230万例、入院症例数:42,000例の減少が可能であり、6カ月~4歳の小児および65歳以上の高齢者では、症例数および受診者数はそれぞれ17%、24%、入院症例数は60%の阻止が可能であったと推定されている。以上、インフルエンザワクチンの接種率はHealthy People 2020の目標値を達成することがとくに小児および高齢者にとって非常に有用であることが示唆された。

References

  • CDC. Prevention and control of seasonal influenza with vaccines. Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices—United States, 2013–2014. MMWR Recomm Rep 2013;62(No. RR-7).
  • Kostova D, Reed C, Finelli L, et al. Influenza illness and hospitalizations averted by influenza vaccination in the United States, 2005–2011. PloS One 2013;8:e66312.
  • CDC. Estimated influenza illnesses and hospitalizations averted by influenza vaccination—United States, 2012–13 influenza season. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:997–1000.
  • Reed C, Chaves SS, Meltzer MI, et al. Estimating the incidence and severity of seasonal influenza in the United States using population-based surveillance data. Options for the Control of Influenza VIII; September 5–10, 2013; Cape Town, South Africa.
  • Ohmit SE, Thompson MG, Petrie JG, et al. Influenza vaccine effectiveness in the 2011–2012 season: protection against each circulating virus and the effect of prior vaccination on estimates. Clin Infect Dis 2014;58:319–27.
  • Flannery B, Thaker SN, Clippard J, et al. Interim estimates of 2013–14 seasonal influenza vaccine effectiveness—United States, February 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:137–42.
  • Epperson S, Blanton L, Kniss K, et al. Influenza activity—United States, 2013–14 season and composition of the 2014–15 influenza vaccines. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:483–90.
  • Fry AM, Kim IK, Reed C, et al. Modeling the effect of different vaccine effectiveness estimates on the number of vaccine-prevented influenza-associated hospitalizations in older adults. Clin Infect Dis 2014;59:406–9.
  • CDC. Estimates of deaths associated with seasonal influenza—United States, 1976–2007. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2010;59:1057–62.
  • Biggerstaff M, Jhung MA, Reed C, et al. Influenza-like illness, the time to seek healthcare, and influenza antiviral receipt during the 2010–2011 influenza season—United States. J Infect Dis 2014;210:535–44.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ