一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)百日咳の流行 ― カリフォルニア州、2014年

MMWR抄訳

rss

2014/12/05Vol. 63 / No. 48

MMWR63(48):1129-1132
Pertussis Epidemic — California, 2014

百日咳の流行 ― カリフォルニア州、2014年

アメリカにおける百日咳は3~5年の周期で流行を繰り返す。カリフォルニア州では、前回2010年に約9,000例(10万人あたり24.6例)の感染が報告された。2014年6月13日、カリフォルニア州公衆衛生局(CDPH)は百日咳の報告例数がベースラインの5倍に達したことから、流行を宣言した。2014年1月1日~11月26日にCDPHに報告された百日咳症例数は計9,935例、州における発生率は10万人あたり26.0例であった。12カ月未満の乳児では10万人あたり174.6例で、非ヒスパニック系白人と比べヒスパニック系に多く(1.7倍)、アジア/太平洋諸島系(0.4倍)で少なかった。データのある6,790例のうち347例が入院し、そのうち275例(79%)が12カ月未満、214例(62%)は4カ月未満児であった。入院した12カ月未満児の33%が集中治療を要し、24%がジフテリア、破傷風、無菌体百日咳3種混合ワクチン(DTap)の接種を受けていた。発症時5週齢の乳児1例が死亡、また2013年に発症(発症時5週齢未満)、2014年初めに死亡した例が2例あった。4カ月未満児で母親の3種混合ワクチン(Tdap)接種の有無が判明している211例のうち、推奨される妊娠27~36週に母親が接種を受けていたのはわずか35例(17%)であった。一方、より年長の小児や青年層においては、15歳における発生率(10万人あたり137.8例)が最も高く、14~16歳の2,006例のうち5例(0.2%)が入院し、2.2%は百日咳成分を含むワクチンを一度も受けていなかった。Tdap接種歴のある者(87%)の前回の追加接種からの期間は中央値で3年であった。国内の百日咳症例数は増加傾向にあり、百日咳が重症化するリスクの高い12カ月未満の乳児にて予防するには妊娠27~36週に母親がTdap接種を受けることが最も重要である。CDPHが実施しているように地域の保健所等における接種を無料化するなど、妊婦のTdap接種を推進する努力が必要である。

References

  • Winter K, Harriman K, Zipprich J, et al. California pertussis epidemic, 2010. J Pediatr 2012;161:1091–6.
  • California Department of Public Health. Pertussis: CDPH case definition. January 1, 2014. Available at <http://www.cdph.ca.gov/healthinfo/discond/documents/cdph_pertussis%20case%20definition_1-2014.pdf>.
  • CDC. Updated recommendations for use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid and acellular pertussis vaccine (Tdap) in pregnant women and persons who have or anticipate having close contact with an infant aged
  • CDC. Updated recommendations for use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid, and acellular pertussis vaccine (Tdap) in pregnant women–Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:131–5.
  • Palmeira P, Quinello C, Silveira-Lessa AL, et al. IgG placental transfer in healthy and pathological pregnancies. Clin Dev Immunol 2011;October 1 [Epub ahead of print].
  • Dabrera G, Amirthalingam G, Andrews N, et al. A case-control study to estimate the effectiveness of maternal pertussis vaccination in protecting newborn infants in England and Wales, 2012–2013. Clin Infect Dis 2014; October 19 [Epub ahead of print].
  • Kharbanda EO, Vazquez-Benitez G, Lipkind H, et al. Receipt of pertussis vaccine during pregnancy across 7 Vaccine Safety Datalink Sites. Prev Med 2014; June 18 [Epub ahead of print].
  • Tanaka M, Vitek CR, Pascual FB, et al. Trends in pertussis among infants in the United States, 1980–1999. JAMA 2003;290:2968–75.
  • California Department of Public Health. CDPH pertussis quicksheet. Available at <http://www.cdph.ca.gov/healthinfo/discond/documents/cdph_pertussis_quicksheet.pdf>.
  • Cherry J, Brunnel P, Golden G. Report of the Task Force on Pertussis and Pertussis Immunization, 1988. Pediatrics 1988;81:933–84.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ