一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)受動的サーベイランスおよび世帯別調査により確定され・・・

MMWR抄訳

rss

2014/12/05Vol. 63 / No. 48

MMWR63(48):1121-1128
Chikungunya Cases Identified Through Passive Surveillance and Household Investigations — Puerto Rico, May 5–August 12, 2014

受動的サーベイランスおよび世帯別調査により確定されたチクングニア熱症例 ― プエルトリコ、2014年5月5日~8月12日

チクングニア熱は発熱と関節痛を特徴とする新興感染症で、チクングニアウイルス(CHIKV)はデングウイルスと同様、蚊によって媒介される。2014年1月、プエルトリコ保健省(PRDH)とCDCは、既存の受動的デング熱サーベイランスシステム(PDSS)を改変し、受動的チクングニア熱サーベイランスを開始した。2014年1月にチクングニア熱の疑い例が初報告され、5月5日に初めての検査室確診例が報告された。症例は首都サンフアン在住で発症14日以内の渡航歴はなく、初めての地域感染例となった。翌週から検査室確診例の報告が相次ぎ、8月12日までに57/78地方自治区(73%)から総計で疑い例10,201例(10万人あたり282例)が報告され、2,910の疑い例検体のうち1,975検体(68%)において、RT-PCR法またはELISA法にてCHIKV感染が証明された。感染は50歳以上で最も多く(10万人あたり疑い例291例、確診例57例)、症状は発熱(87%)、関節痛(79%)、筋肉痛(79%)を主とし、入院例は13%で、重大な出血(3%)や重症例(2%)は稀であった。検査室確診例4例が死亡し、いずれも既往症(糖尿病等)を有していた。世帯別調査では137世帯250名が調査に参加し、70例(28%)が検査にて現在または最近のCHIKV感染歴を示し、59例(84%)が最近3カ月以内の急性疾患(関節痛95%、発熱93%)を報告した。自覚症状から医療機関を受診した25例のうち5例(20%)がチクングニア熱と診断され、3例(12%)が入院、2例(8%)がPRDHに報告された。世帯別調査の結果から、チクングニア熱の実際の感染者数は受動的サーベイランスデータに示されるよりも多いと推察され、8月から9カ所の医療機関において定点観測が導入され、疫学的調査にあたることとなった。今後も流行が継続すると考えられ、デング熱との正確な鑑別診断とともに、蚊の刺咬からの防御が重要である。

References

  • Fischer M, Staples JE. Notes from the field: chikungunya virus spreads in the Americas—Caribbean and South America, 2013–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:500–1.
  • CDC and Pan American Health Organization. Preparedness and response for chikungunya virus introduction in the Americas. Washington, DC: Pan American Health Organization; 2011. Available at <http://www.paho.org/hq/index.php?option=com_topics&view=readall&cid=5511&itemid=40931&lang=en>.
  • Sharp TM, Hunsperger E, Santiago GA, et al. Virus-specific differences in rates of disease during the 2010 dengue epidemic in Puerto Rico. PLoS Negl Trop Dis 2013;7:e2159.
  • Bhatt S, Gething PW, Brady OJ, et al. The global distribution and burden of dengue. Nature 2013;496:504–7.
  • World Health Organization. Dengue: guidelines for diagnosis, treatment, prevention and control: new edition. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2009. Available at <http://www.who.int/rpc/guidelines/9789241547871/en>.
  • Lanciotti RS, Kosoy OL, Laven JJ, et al. Chikungunya virus in US travelers returning from India, 2006. Emerg Infect Dis 2007;13:764–7.
  • Martin DA, Muth DA, Brown T, et al. Standardization of immunoglobulin M capture enzyme-linked immunosorbent assays for routine diagnosis of arboviral infections. J Clin Microbiol 2000;38:1823–6.
  • Santiago GA, Vergne E, Quiles Y, et al. Analytical and clinical performance of the CDC real time RT-PCR assay for detection and typing of dengue virus. PLoS Negl Trop Dis 2013;7:e2311.
  • Mammen MP, Pimgate C, Koenraadt CJ, et al. Spatial and temporal clustering of dengue virus transmission in Thai villages. PLoS Med 2008;5:e205.
  • Liebman KA, Stoddard ST, Morrison AC, et al. Spatial dimensions of dengue virus transmission across interepidemic and epidemic periods in Iquitos, Peru (1999-2003). PLoS Negl Trop Dis 2012;6:e1472.
  • Stoddard ST, Forshey BM, Morrison AC, et al. House-to-house human movement drives dengue virus transmission. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America; 2012.
  • Lam PK, Tam DT, Diet TV, et al. Clinical characteristics of dengue shock syndrome in Vietnamese children: a 10-year prospective study in a single hospital. Clin Infect Dis 2013;57:1577–86.
  • Lumsden WH. An epidemic of virus disease in Southern Province, Tanganyika Territory, in 1952–53. II. General description and epidemiology. Trans R Soc Trop Med Hyg 1955;49:33–57.
  • Schilte C, Staikowsky F, Couderc T, et al. Chikungunya virus–associated long-term arthralgia: a 36-month prospective longitudinal study. PLoS Negl Trop Dis 2013;7:e2137.
  • Economopoulou A, Dominguez M, Helynck B, et al. Atypical Chikungunya virus infections: clinical manifestations, mortality and risk factors for severe disease during the 2005–2006 outbreak on Reunion. Epidemiol Infect 2009;137:534–41.
  • Moro ML, Gagliotti C, Silvi G, et al. Chikungunya virus in North-Eastern Italy: a seroprevalence survey. Am J Trop Med Hyg 2010;82:508–11.
  • Queyriaux B, Simon F, Grandadam M, et al. Clinical burden of chikungunya virus infection. Lancet Infect Dis 2008;8:2–3.
  • Mohd Zim MA, Sam IC, Omar SF, et al. Chikungunya infection in Malaysia: comparison with dengue infection in adults and predictors of persistent arthralgia. J Clin Virol 2013;56:141–5.
  • Laoprasopwattana K, Kaewjungwad L, Jarumanokul R, et al. Differential diagnosis of Chikungunya, dengue viral infection and other acute febrile illnesses in children. Pediatr Infect Dis J 2012;31:459–63.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ