一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)バイタルサイン:HIVと共に生きる患者におけるHI・・・

MMWR抄訳

rss

2014/11/28Vol. 63 / No. 47

MMWR63(47):1113-1117
Vital Signs: HIV Diagnosis, Care, and Treatment Among Persons Living with HIV — United States, 2011

バイタルサイン:HIVと共に生きる患者におけるHIV診断、ケアおよび治療 ― アメリカ、2011年

2011年末におけるアメリカ50州およびワシントンDCのHIVと共に生きる患者およびHIVと診断されている患者数がNational HIV Surveillance System(NHSS)に報告された。19地区(18州およびワシントンDC)のNHSSデータから、2011年、HIV感染症患者は120万人と推定され、うち86%がHIVと診断されており、40%がHIVに対する医療ケアを受けていた。抗レトロウイルス療法(ART)は37%の患者に対して行われ、30%はウイルス抑制に達している。ウイルス抑制率は18~24歳(13%)、25~34歳(23%)、35~44歳(27%)にて低く、45~54歳:34%、55~64歳:36%、65歳以上:37%、人種/民族別では白人:32%、黒人:28%、ヒスパニック/ラテン系:31%、その他:34%であった。2011年、この19地区における新規HIV診断例は15,449例であり、うち12,333例(80%)が診断から3カ月以内に受診したが、13~24歳(73%)および黒人(76%)にて受診率が低かった。ウイルス抑制に達していない839,336例(70%)のうち、20%はHIVと診断されておらず、66%は診断はされたが受診せず、4%は受診したがARTの処方は行われておらず、また、10%はARTを受けていたがウイルス抑制には達していなかった。HIV感染の拡大抑制には早期診断および早期治療介入が重要であり、さらなる努力の必要性が示唆される。

References

  • Samji H, Cescon A, Hogg RS, et al. Closing the gap: increases in life expectancy among treated HIV-positive individuals in the United States and Canada. PLoS One 2013;8:e81355.
  • Cohen MS, Chen YQ, McCauley M, et al. Prevention of HIV-1 infection with early antiretroviral therapy. N Engl J Med 2011;365:493–505.
  • CDC. Estimated HIV incidence in the United States, 2007–2010. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/topics/surveillance/resources/reports/#supplemental>.
  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data—United States and 6 dependent areas—2012. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/library/reports/surveillance>.
  • Blair JM, Fagan JL, Frazier EL, et al. Behavioral and clinical characteristics of persons receiving medical care for HIV infection—Medical Monitoring Project, United States, 2009. MMWR 2014;63(Suppl 5).
  • Oehlert GW. A note on the delta method. American Statistician 1992;46:27–9.
  • Branson BM, Handsfield HH, Lampe MA, et al. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55(No. RR-14).
  • Moyer VA, U.S. Preventive Services Task Force. Screening for HIV: U.S. Preventive Services Task Force recommendation statement. Ann Intern Med 2013;159:51–60.
  • CDC. Compendium of evidence based interventions and best practices for HIV prevention. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/prevention/research/compendium/ma/index.html>.
  • Thompson MA, Mugavero MJ, Amico KR, et al. Guidelines for improving entry into and retention in care and antiretroviral adherence for persons with HIV: evidence-based recommendations from an International Association of Physicians in AIDS Care panel. Ann Intern Med 2012;156:817–33.
  • Panel on Antiretroviral Guidelines for Adults and Adolescents. Guidelines for the use of antiretroviral agents in HIV-1-infected adults and adolescents. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2014. Available at <http://aidsinfo.nih.gov/contentfiles/adultandadolescentgl.pdf>.
  • DeNavas-Walt C, Proctor BD, Smith JC. Income, poverty, and health insurance coverage in the United States: 2012. Washington, DC: US Department of Commerce, US Census Bureau; 2013. Available at <https://www.census.gov/prod/2013pubs/p60-245.pdf>.
  • Wohl AR, Galvan FH, Myers HF, et al. Do social support, stress, disclosure and stigma influence retention in HIV care for Latino and African American men who have sex with men and women? AIDS Behav 2011;15:1098–110.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ