一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)成人における現在の紙巻きたばこ喫煙率 ― アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/11/28Vol. 63 / No. 47

MMWR63(47):1108-1112
Current Cigarette Smoking Among Adults — United States, 2005–2013

成人における現在の紙巻きたばこ喫煙率 ― アメリカ、2005~2013年

2013年のNational Health Interview Surveyデータより、アメリカにおける18歳以上の成人、およびレズビアン、ゲイおよび両性愛者(LGB)における紙巻きたばこの喫煙率の分析が行われた。今までに100本以上の紙巻きたばこを吸っており、現在も毎日または時々喫煙すると答えた回答者を現喫煙者とした。成人における紙巻きたばこの現喫煙率は2005年:20.9%(推定4,510万人)から2013年:17.8%(推定4,210万人)に減少し(p<0.05)、2013年の現喫煙率は男性:20.5%、女性:15.3%、年齢別では18~24歳:18.7%、25~44歳:20.1%、45~64歳:19.9%、65歳以上:8.8%、人種/民族別では複数人種:26.8%、アメリカインディアン/アラスカ原住民:26.1%、白人:19.4%、黒人:18.3%、ヒスパニック系:12.1%、アジア系:9.6%であり、学歴別では後期中等教育(高等学校)卒業程度にてもっとも高く(41.4%)、大学院卒業にてもっとも低かった(5.6%)。地域別では中西部:20.5%、南部:19.2%、北東部:16.9%、西部:13.6%であり、障害や活動制限がある人の方がない人よりも高かった(23.0% vs 17.0%)。LGBにおける喫煙率は26.6%と非同性愛者(17.6%)よりも高く、非同性愛者では男女差(20.3% vs 15.0%)を認めたが、LGBでは同等であった。毎日の喫煙者は2005年:16.9%から2013年:13.7%に減少、現喫煙者に占める割合は80.8%(3650万人)から76.9%(3240万人)に低下した。1日あたりの本数(CPD)は16.7本から14.2本に減少し、1~9本および10~19本喫煙者は増加(それぞれ16.4%から23.3%、36.0%から40.3%)、20~29本および30本以上の喫煙者は減少した(それぞれ34.9%から29.3%、12.7%から7.1%)。Healthy People 2020の紙巻きたばこ喫煙率の目標値は12.0%以下であり、今後も禁煙活動を推進する必要性が示唆された。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/full-report.pdf>.
  • Agaku IT, King BA, Dube SR. Current cigarette smoking among adults—United States, 2005–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:29–34.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs, 2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/index.htm>.
  • US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General. Tobacco use among U.S. ethnic/racial and minority groups—African Americans, American Indians and Alaska Natives, Asian Americans and Pacific Islanders, and Hispanics: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 1998. Available at <http://profiles.nlm.nih.gov/nn/b/b/f/q>.
  • Siahpush M, McNeill A, Hammond D, Fong GT. Socioeconomic and country variations in knowledge of health risks of tobacco smoking and toxic constituents of smoke: results from the 2002 International Tobacco Control (ITC) Four Country Survey. Tob Control 2006;15(Suppl 3):iii65–70.
  • Lee JG, Blosnich JR, Melvin CL. Up in smoke: vanishing evidence of tobacco disparities in the Institute of Medicine’s report on sexual and gender minority health. Am J Public Health 2012;102:2041–3.
  • CDC. Impact of a National Tobacco Education Campaign on weekly numbers of quitline calls and website visitors—United States, March 4–June 23, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:763–7.
  • Caraballo RS, Giovino GA, Pechacek TF, Mowery PD. Factors associated with discrepancies between self-reports on cigarette smoking and measured serum cotinine levels among person aged 17 years or older: third National Health and Nutrition Examination Survey, 1988–1994. Am J Epidemiol 2001;153:807–14.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ