一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)エボラウイルス病輸入例への対応 ― オハイオ州、2・・・

MMWR抄訳

rss

2014/11/21Vol. 63 / No. 46

MMWR63(46):1089-1091
Response to Importation of a Case of Ebola Virus Disease — Ohio, October 2014

エボラウイルス病輸入例への対応 ― オハイオ州、2014年10月

2014年9月30日、テキサス州保健局はアメリカ国内におけるエボラウイルス病(Ebola)確定診断の初発例発生を発表した。症例(症例1)はリベリアからの帰国者であった。症例2および3は症例1の看護を担当した看護師で、それぞれ10月11日および15日にEbolaと診断された。症例3は10月10~13日にテキサス州ダラスからオハイオ州クリーブランドに旅行していた。オハイオ州保健局はCDCに対し、症例3との接触者の特定、Ebola伝播のリスク評価、感染コントロール手順、地域医療システムにおける準備状況の評価および指導について協力を要請した。症例3の移動と行動についての聞き取り調査に基づき、家族2名(うち1名はテキサス州にて監視)、友人およびその家族10名、1店舗における従業員および顧客60名、空港および搭乗機の乗務員17名、乗客76名の計164名が、21日間の監視を受けた。監視は曝露の空間的・時間的強度により異なり、20名は直接的積極的監視(1日1回の対面および電話での健康観察および報告)と移動制限の対象となり、直接的接触のあった3名は自宅隔離とされた。11月3日までに新たなEbola感染例は発生せず、164名の監視は終了した。一方CDCは、オハイオ州北西地域の7医療機関のEbola症例対応の準備状況について評価を行った。全7施設がEbola疑い症例の移送および隔離設備を有しており、うち5施設では診断確定までの72時間の治療が可能であった。また、地域保健当局はEbola疑い症例の発見、移送に関する共同緊急行動計画を策定した。今回のオハイオ州の対応は、他州における対応計画の策定に際し参考となるであろう。

References

  • Chervalier MS, Chung W, Smith J, et al. Ebola virus disease cluster in the United States—Dallas County, Texas, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63.
  • Meltzer MI, Atkins CY, Santibanez S, et al. Estimating the future number of cases in the Ebola epidemic Liberia and Sierra Leone, 2014–2015. MMWR Surveill Summ 2014;63(Suppl-3).
  • Interim U.S. guidance for monitoring and movement of persons with potential Ebola virus exposure. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/exposure/monitoring-and-movement-of-persons-with-exposure.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ