一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)急性灰白髄炎の根絶へ向けた進展 ― ナイジェリア、・・・

MMWR抄訳

rss

2014/11/21Vol. 63 / No. 46

MMWR63(46):1059-1063
Progress Toward Poliomyelitis Eradication — Nigeria, January 2013–September 2014

急性灰白髄炎の根絶へ向けた進展 ― ナイジェリア、2013年1月~2014年9月

1988年に、世界保健総会は世界的にポリオウイルス(WPV)の伝染の遮断を決議しており、2013年までにWPV伝染が1度も遮断されていない国は、アフガニスタン、ナイジェリア、パキスタンの3カ国を残すのみとなった。このうち、2003年からナイジェリア北部は、既にポリオフリーとなった26カ国へのWPVの再導入の原因となる病原体を保有する地域となっている。2014年5月にWHOは、ポリオの国際的な拡大が「国際的に懸念される公衆保健上の緊急事態」と宣言した。ナイジェリアの主な戦略的目標は、2014年末までにWPV1型(WPV1)の伝染を遮断することであり、これは2013~2018年の世界ポリオ根絶イニシアティブ(Global Polio Eradication Initiative)のポリオ根絶・最終戦略計画(Polio Eradication and Endgame Strategic Plan)の目標でもある。ナイジェリアでは三価経口ポリオウイルスワクチン(tOPV)の定期接種は出生時、6週、10週、14週時に実施されるが、2013年の生後12~23カ月の小児における3回のtOPV(OPV3)接種率は38.2%で、北部のハイリスクの11州のOPV3接種率は2.6%~43.7%であった。2013年1月から2014年9月には、ボルノ州、ヨベ州、カノ州を含むハイリスクの州を中心に追加予防接種活動が実施され、2013年2月から2014年9月の間にハイリスクの11州内でOPV接種率が≧90%の地方自治体の割合は36%から67%に上昇した。2014年の9月30日までのWPV症例は6例であり、2013年の同じ時期(49例)よりも減少した。WPV1症例は、2014年では5例に限定され、4例はカノ、1例はボルノ/ヨベの伝染ゾーンから発見された。一方、ワクチン由来ポリオウイルス2型(cVDPV2)の症例数の報告は、2013年の4例から2014年には21例に増加し、一部の調査の乖離が示唆された。ナイジェリアでのポリオウイルスの流行を遮断するために、cVDPV2伝染の阻止に注意を継続するとともに、急性弛緩性麻痺の調査の質の改善、定期予防接種の強化によるワクチン接種率の向上、政府レベルでの継続的な支援、ナイジェリア北部の紛争地域の子供たちへの率先したワクチン提供が必要である。

References

  • Moturi EK, Porter KA, Wassilak SGF, et al. Progress toward polio eradication—worldwide, 2013–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:468–72.
  • National Primary Healthcare Development Agency. Nigeria polio eradication emergency plan 2014. Abuja, Nigeria: National Primary Healthcare Development Agency; 2014. Available at <http://www.polioeradication.org/Portals/0/Document/InfectedCountries/Nigeria/Nigeria_NationalPolioEradicationEmergencyPlan_2014.pdf>.
  • Global Polio Eradication Initiative. The polio eradication and endgame strategic plan 2013–2018. Geneva, Switzerland; 2013. Available at <http://www.polioeradication.org/resourcelibrary/strategyandwork.aspx>.
  • CDC. Progress toward poliomyelitis eradication—Nigeria, January 2012–September 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:1009–13.
  • CDC. Progress toward poliomyelitis eradication—Nigeria, January 2011–August 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:899–904.
  • CDC. Progress toward poliomyelitis eradication—Nigeria, January 2010–June 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1053–7.
  • National Population Commission (NPC) [Nigeria] and ICF International. 2014. Nigeria Demographic and Health Survey 2014. Abuja, Nigeria, and Rockville, MD: NPC and ICF International; 2013.
  • Independent Monitoring Board of the Global Polio Eradication Initiative. Joint status report. London, England: Independent Monitoring Board; 2014. Available at <http://www.polioeradication.org/Portals/0/Document/Aboutus/Governance/IMB/11IMBMeeting/2.2_11IMB.pdf>.
  • Shuaib F, Gunnala R, Musa EO, et al. Ebola virus disease outbreak—Nigeria, July–September 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:867–72.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ